秋の悲愁を感じたら、み言葉を

新共同訳 旧約聖書 詩篇91篇1~16節 
1、いと高き神のもとに身を寄せて隠れ 全能の神の陰に宿る人よ
2、主に申し上げよ「わたしの避けどころ、砦 わたしの神、依り頼む方」と。
3、神はあなたを救い出してくださる 仕掛けられた罠から、陥れる言葉から。
4、神は羽をもってあなたを覆い 翼の下にかばってくださる。神のまことは大盾、小盾。
5、夜、脅かすものをも 昼、飛んで来る矢をも、恐れることはない。
6、暗黒の中を行く疫病も 真昼に襲う病魔も
7、あなたの傍らに一千の人 あなたの右に一万の人が倒れるときすら あなたを襲うことはない。
8、あなたの目が、それを眺めるのみ。神に逆らう者の受ける報いを見ているのみ。
9、あなたは主を避けどころとし いと高き神を宿るところとした。
10、あなたには災難もふりかかることがなく 天幕には疫病も触れることがない。
11、主はあなたのために、御使いに命じて あなたの道のどこにおいても守らせてくださる。
12、彼らはあなたをその手にのせて運び 足が石に当たらないように守る。
13、あなたは獅子と毒蛇を踏みにじり 獅子の子と大蛇を踏んで行く。
14、「彼はわたしを慕う者だから 彼を災いから逃れさせよう。わたしの名を知る者だから、彼を高く上げよう。
15、彼がわたしを呼び求めるとき、彼に答え 苦難の襲うとき、彼と共にいて助け 彼に名誉を与えよう。
16、生涯、彼を満ち足らせ わたしの救いを彼に見せよう。」

 「これぞ神の御子イエス・キリストを受け入れた者の特権!」と言えるようなみ言葉です。
なんて心強い言葉なのでしょうか。これ以上の安堵感は、この世では味わえない感じることはできない、神様の言葉、約束です。
 この特権は、この地上の誰でもどんな人でも受けることができるのです。神様が私たち人間に下さった救い主イエス・キリストを信じるだけ、この方によって自分の罪が赦され、命を受けたと信じることだけで。
 昨日の、今日の、明日の、何にも揺るがされることのない、心の平安に感謝しつつ。。。
[PR]
by dynabooksx | 2007-10-11 15:05

真也の歩み、愛理の子育て日記。私たちは福島第一原発5kmの双葉町民。時代は動く。私たちはその目撃者になる。画像のペレット&薪ストーブは、真也の施工作品。新天地を暖かく燃やし照らしてくれる。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31