愛は人生の中で表れる~リビングライフ黙想エッセイより

 愛の賛歌Ⅰコリント13章(岩波訳より)

 もしも、私が、人間のそして御使いたちの言葉によって語りはしても、しかし愛をもってはいないのなら、私は鳴り響く銅鑼か、あるいは甲高く鳴るシンバルと化してしまっている。またもしも私が預言をなし、さらにすべての奥義をあらゆる知識をもってはいても、またもしも私が山を移すほどのあらゆる信仰をもってはいても、しかし私が愛をもってはいないなら、私は無である。

 たとえ私が、私のすべての財産を分け与えたとしても、またもし私が私のからだを焼かれるために引き渡しても、しかし私が愛をもってはいないなら、私は何の役にも立たない。

 愛はーー寛容であり、親切であるーー愛は。愛は妬まず、愛は自慢せず、高ぶらず、ふさわしくない振る舞いをせず、自分自身のものを求めず、苛立たず、悪しきことを企まず、不義を喜ばず、しかし真理を共に喜ぶ。愛はすべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてを耐える。

 愛は決して倒れることがない。
 




 愛は人生の中で表れる

 聖書が語っている愛と、この世が定める道徳の間には大きな差があります。聖書の愛は動機に注目しますが、この世は行いと結果に注目します。世の中は貧しい人たちにお金を分け、飢える人たちに食べ物を分け与える人に対して、愛に満ちた道徳的な人だといいます。

 ところが、キリスト教の立場にある愛がある人と愛がない人を分ける方法は少し違います。その行為と結果だけでなく、動機まで問うからです。すなわち、内面の性格と動機に徹底してこだわります。したがって、美しい結果を多く結んだ行為だとしても、その動機が適切でなければ、愛とは言えません。聖書の観点から見たとき、神との関係の中で動機として表れるものだけが愛だからです。だからといって、愛を内面的な徳目としてのみ受け取ってはなりません。愛が真の愛となるためには外に表れなければならないからです。愛の絶対的動機が何であるかということも大切ですが、どうのように表現するかも重要なのです。

 『あなたに愛があるか』ということは、私たちの心の奥深くに向けられた質問ですが、その答えは心の奥深いところでだけ見つけ出すことができることを覚えておかなければなりません。愛はいつでも人生において確証されます。その人の人生を見れば、その愛がわかるからです。

             コリント人への手紙第一、13章黙想ー愛/キム・ナムジュン



  ーーーーーーーーーー引用終わりーーーーーーーーーーーー

 恵みを知らない人であれば、どんな言葉も表面的に装う律法としてしか受け取ることができないでしょうが、神が賜物として与える愛を体験的に知っている人ならば、パウロの言わんとすることが、お題目ではなく心の深いところから来る実感であることがわかるだろう。この内面から自然に湧きだし、止めることのできない思いのみが、他の人の渇きを癒し、どんな障害も乗り越えていく力のあるものだと私は理解している。この愛は、キリストの生涯のどの局面においても見出すことのできるものである。 


 ちなみに妻、愛理の名前の由来はこの箇所です、、、。
[PR]
by dynabooksx | 2007-10-07 07:19 | 聖書の言葉

真也の歩み、愛理の子育て日記。私たちは福島第一原発5kmの双葉町民。時代は動く。私たちはその目撃者になる。画像のペレット&薪ストーブは、真也の施工作品。新天地を暖かく燃やし照らしてくれる。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31