時間が迫っている、どうしてもしなくてはならないのに気乗りがしなくてどんどん追い詰められた形になるということがある。したくないことはいっそのことやらないことにするという選択もあるのだけれども、あとであの時やっておけばと振り返ることになるのも嫌だ。

自転車のトレーニングなんかも、それ自体はかなりハードで身体に負担のかかるものだから、体調や精神状態によっては着替えて自転車にまたがるまでがどうにも億劫になることがよくある。ばっちり着替えて出かけて行くときは、せっかく着替えたんだからたっぷり乗ってこよう、乗らなくてはいけないと意気込むから余計に負担に感じてしまうのだ。

人と言うのは不思議なもので、上手くことが運ぶ時は考える間もなく判断してこうどうに移しているときで、ダメなときは何度も立ち止まりながら、いつの間にか立ち止まったまま動けなくなってしまう。よく考えたらよい答えに到達できそうなものだが、考えれば考えるほど考えること、悩むこと自体にはまってしまい、ああでもないこうでもないと要らぬことを妄想することに時間を浪費してしまうことがあるのだ。

それはそれで人生であって、身動きができずに何もしていないように感じるその期間が、辛抱強さや冷静な判断力を養成したりするので決して無駄ではないと思うのだけれども、問題の解決が見いだせず悶々としている時はしんどいものだ。

なんか大げさな内容になってきてしまったのだが、書きたかったことは単純。やりたくないように感じることの中にこそ、それ自体を楽しむことを探してみること。やりたくないことは困難を伴うこと。だから、それに取り組むのはエネルギーがいるし手間がかかる。逆にそれをプロセスとして楽しみの要素として捉えなおしてしまうのだ。簡単に到達できてしまうことは、長いこと惹きつけておくことはできない。釣りであろうと恋愛であろうと、うまく行かず願い通り実現できないから夢中になるのだ。

人は未来を思い描き予測する能力を持っている。まだ実現していないことでも、良いことであろうと悪いことであろうとそのときのことを思い描き、事前に味わうことができる。楽しいことをムフフとしているうちはいいのだけれども、これがマイナスの状態で足踏み状態になった時は苦しい。まだ直面していないのに、何度も繰り返し嫌なイメージを思い浮かべて苦悶するのだ。

本人にとってそれが大事なことであればあるほど、それを忘れ去ることができないため苦痛も深く長引く。こういう時の対処法は二つ。より強い意志力でもって真っ直ぐに乗り切っていく方法と、そのことに対するこだわりを捨てる方法。まぁでも前者は、それで乗り越え得られなくなって疲れ切ってしまった上で悩んでいるのだから、実質的には後者を選択せざるをえなくなるものだ。平たく言うと「あきらめる」のだけれども、自分の心のこだわりを手放すことで、直面している課題の見え方が変わって、困難な物事に見えなくなるということも実際にある。

人は未来を味わうけれども、結局のところ生きることができるのはその時のみだから、こうでなければならないというこだわりを放棄して、その瞬間を味わい受け取って過ごすことに集中するんだ。これによって未来を思うことの呪縛から逃れることができる。あれがだめだ、これがだめだと言わずにこの瞬間を楽しむこと、自分の命がいまあって、自由な選択をできることを感謝する。そうすると、少し楽になってきてしたくないこともやってみてもいいかなという気がしてくる。いや、きっとそこにも面白いことがあるはずだ、と、、、。

大した内容でないのに長文になりました。
[PR]
by dynabooksx | 2014-11-30 08:34 | 真也の雑記帳

被災地行きが疲れるわけ

先週2年ぶりに東北地方へと足を踏み入れて来たのだけれども、どうもいまいち体調が戻らない。しばらくこの感覚を忘れていたのだけれども、以前の一時帰宅の際は毎度このような状態になったものだった。

タイトルを被災地としたのだが、書きたい内容は汚染地ということについてだ。今回の会場だった宮城県栗原市は宮城県でも仙台を越して岩手の一関、奥州市へと続く地帯でホットスポットになったことは知られている。自分も以前測定しながら走ってその傾向は分かっているのだけれども、線量計を持って歩くと気づかれしてしまうので、今回は持たずに出かけた。東へ向かうのに持たないで出かけたのは初めてのことだろう。

私の兄弟はこのホットスポットに今も暮らして、一時は引っ越しも考えたほどに被爆には気を使っていて様々な活動をしているようだ。子供の男の子二人は力が有り余っているが、外に連れて行って遊ばせようとしたらそれはダメなのだという。なんと、現在でも校庭での遊びを制限したり給食を止めたりしているのだ。なんとなく時間が経ったので、そこで住むことを決めたのならもう忘れて生活しているものと勝手に想像していたのだ。

子供に危険のある被曝を最小限に止めるために気を使う。それはそれとして、一方ではおそらく何の気も使ってはいない若い夫婦と赤ん坊がその地域で暮らしている。今回はその結婚式に呼ばれたのだ。この同じ条件のはずであることへの意識の差と、差があることに気を使って言葉をつぐむ周りの人々の様子を見てこちらも言葉をなくす。

とにかく、なぜだか口が重くなっていくんだ。そのうち身体も地面に引っ張られるような感じがしてくる。以前から重い土地ではあるはずなのだけれども、重力を増してしまったかのようだ。親戚でも、現在住んでいる場所によって立場や考え方が違ってくる。福島県内に戻った者、県外へ留まった者、関東以西に移った者でもまた違うのかもしれない。本当は気を使わないで話し始めれば何のことはないのかもしれないが、最初の一言で気を遣ったり、何か言いたいことをのどに詰まらせたような感じになってしまう。

だけれども、結婚式という形で集めてくれなければ、もう会うことがないかもしれない人たちと顔を合わせることができた。人生何があるかわからない。当たり前に側にいた人も、明日は遠くに離れなくてはならないかもしれない。いまできることをするしかない。するべきことを為すしかない。明日で人生が終わるかもしれないのだから。
[PR]
by dynabooksx | 2014-11-29 01:03 | 真也の視点

a0023043_0114159.jpg

a0023043_0114352.jpg

宮城県に嫁いだ従妹の結婚式に出かけてきました。東北に足を踏み入れたのはほぼ二年ぶり。親戚に会うのもかなり久しぶりで、震災後初めて顔を合わせる人もいます。被災地に足を踏み入れるというのは様々なことで気を使うもので、その時なんともなくても後でどっと疲れがきたりするのでしばらく出席を悩みましたが、自分の中で一つの区切りになるような出来事がありました。

自分の時間は止まっているように感じていたとしても、世の中は動いている。状況は刻一刻と変化するし、人と人の関係もまた変わっていく。過去に何があったとしても、未来はこれからだ。寒さが続いても生きている限り、また春が来て芽吹くときがくる。自分がその時にだめだったとしても、代わりに支える誰かがまたいるだろう。いつも先頭で突っ走ることを考えているとそのことに気がつかなくなる。どうにも厄介でたまらなく思うこともあるけど、やっぱり人っていいなと感じて帰って来ました。

これから少し続けて書き始めてみたいと思います。
[PR]
by dynabooksx | 2014-11-27 23:00 | 真也の雑記帳

真也の歩み、愛理の子育て日記。私たちは福島第一原発5kmの双葉町民。時代は動く。私たちはその目撃者になる。画像のペレット&薪ストーブは、真也の施工作品。新天地を暖かく燃やし照らしてくれる。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30