ツイッターで大変興味深い出会いがあった。ある方を通してこの2冊の歴史書を送って頂いた。
a0023043_15314582.jpg

↑この歴史をまとめられたのは、北陸は富山県の真宗大谷派大福寺住職であり、日本民藝協会常任理事、となみ民藝協会会長をされている太田浩史(おおた・ひろし)氏です。

♪ほんの一部内容をご紹介します♪
天明の大飢饉からはじまった双葉郡への移民。相馬中村藩主が積極的に北陸からの真宗移民を受け入れる政策を推進した事が大きいが、温厚で親切な双葉郡の住民、冬に温暖で雪の少ない双葉郡は、移住先としてはとても人気があったそうです。

双葉町に富山柿(富有柿)が多いのは、北陸からの移民が生の大根に枝を挿して持ち込み、それが多く根付いた事によるそうです。

「お殿様が土地をくれてやっても、水はやらない。。」その他移民に対して、地元民の心無い偏見差別なども残念ながらあった事。

相馬藩は土葬の習慣だったが真宗移民は火葬だった。移民が土着するにつれて、地元民移民との結婚も進んだが「あの家さ嫁に行って、死んだら、身体焼かれっちまうからやんだ。。」という女子もいたという。

二宮金次郎が相馬藩復興の際に、行動力ある最強のアドバイザーであり、救世主的役割をした事なども詳しく書かれています。


などなど、先祖達のぬくもりを近くに感じるような、その息遣いを聴く事が出来るような、素晴らしい歴史書です。この避難している時に出会えた事が偶然とは思えませんでした。
ありがたいことに、興味のある方には、この歴史書を送ってくださるという事です。もし読んでみたいと言う方は、ブログからメールでも良いですし、直接私に連絡を下さい♪

*ちなみに廣田家は、古くからの地元民で移民にも色々と良いお世話をしてきたようです。
享年105歳で無くなった潤身おじいちゃんの奥さん(ばあちゃん)の家は、北陸からの移民の家系だったと聞きました。人間の出会いは本当に不思議ですね♪

太田先生は、この歴史書の最後に
~2011年9月28日、相馬移民200年門徒交歓会を終えて 「この書を原発事故被災地の土徳復興に捧ぐ」と書き記されています~
約200年前の、さらにもっと前の先祖達の双葉郡でのあゆみ。
奇しくも相馬野馬追がはじまる熱い夏、
先祖達のたくましく、苦労と血と汗、涙多い、しかし生きる事をもっとも大切にした姿に、避難している私達も学ぶ事が多くある!そんな力の源を見つけたと感じました。

この出会いに心から感謝しつつ。。。
[PR]
by dynabooksx | 2012-07-21 22:49 | 愛理の避難生活

震災直後からだいたいの機材は用意していて、最初は福島の自宅のライブカメラを稼動させるための電力に使うつもりでしたが、何度か帰宅するうちにもう見たくは無いという気持ちになってしまいそのままにしてありました。せっかくの機材を遊ばせておくのも勿体無いので車に載せることにしました。
a0023043_10265677.jpg

最初前側のやつ(50w)をシングルで載せたのですが、具合が良かったのでもう一個取り寄せて同じ出力のものを並べました。今は50Wクラスなら、オークションで送料込みで5~6000円で手に入れることが出来ます。一昔前からは、考えられない安さです。

オークションで検索

a0023043_10265754.jpg

取り付け部はL字のアルミ板。長いやつをホームセンターで加工して持ち帰った。今は、サンダーや電ノコなど全て工作ルームで貸し出してくれるので、事前に大体の見通しを立てておけば、必要な加工はその場で済ませることが出来ます。
ルーフテントの屋根部分がもともと局面なので、それにあったように側面のアルミ材をあてがい穴を開ける。テントの屋根に穴を開けたくなかったので、接着材を使うことを考えましたが、両面テープの中に極めて強力なものがあるようなので、それを使いました。匂いから察するに、瞬間接着材のような成分を使っているように思います。

a0023043_10265778.jpg

パネルの接続は直列か並列か迷ったのですが、結局直列に繋ぎました。繋ぎかえればシングルにすることも出来ます。おそらく変換効率は並列でバッテリーとの電圧差を作らない方が良いのでしょうが、このパネルはダイオードが入っていないようなので、電圧の低いほうに流れ込む可能性を考えました。直列だと、どこか一部が陰になっただけで出力が急に下がるという弱点もあります。

a0023043_10265886.jpg

ルーフテントは上に1m近くせり上がるので、配線をどう収めるかも大きなテーマでした。上部からいったん中に引き込んで、上げ下げさせるクロスのパイプの中を通しました。FRPの下部にはドリルで穴を開け、リアハッチの枠を回して引き込みました。

a0023043_10265879.jpg

充放電コントローラーとバッテリー、ACインバータ。バッテリーはもちろんディープサイクル。容量は一般用では最大の115Ah。インバータは二つ写真に写っていますが、一つは待機電力が多少大きかったので使っていません。3mの電源タップで車内外自由なところで100vを使えるようにしてあります。

a0023043_10265950.jpg

充放電コントローラーはこれ。
中国製ですが、MPPT方式で丈夫そうな造り。今は上位機種が良さそうな感じ。

a0023043_1027026.jpg

a0023043_1027094.jpg

今日は日が照って来たのでテストしてみましたが、50wの扇風機や、スタンドライト。Iphoneを充電したりと色々使ってもマイナスにならない。
a0023043_1027140.jpg

うす曇でもしっかり発電します。モニターは助手席に取り付けていて、ここで電源の供給をオンオフすることも出来ます。晴れていれば、小型の冷蔵庫を連続駆動させるぐらいの動力を得られそうです。
[PR]
by dynabooksx | 2012-07-14 10:17 | 真也の雑記帳

夏の逃れの場

梅雨の合い間にカラッと晴れたので、3人を連れて山の中の自転車コースにある小型のダムに連れて行った。放水路の落差は15mほど。打たれると痛い。ここにキャンプ椅子でも持ってきてゆっくり本を読みたい。30℃を大きく越えるようになったらまた来てみたい。

a0023043_2031113.jpg

a0023043_2031427.jpg

a0023043_2031610.jpg

a0023043_2031879.jpg



[PR]
by dynabooksx | 2012-07-08 20:26 | 真也の雑記帳

未来を思うこと

‎6:25それだから、あなたがたに言っておく。何を食べようか、何を飲もうかと、自分の命のことで思いわずらい、何を着ようかと自分のからだのことで思いわずらうな。命は食物にまさり、からだは着物にまさるではないか。
6:26空の鳥を見るがよい。まくことも、刈ることもせず、倉に取りいれることもしない。それだのに、あなたがたの天の父は彼らを養っていて下さる。あなたがたは彼らよりも、はるかにすぐれた者ではないか。
6:27あなたがたのうち、だれが思いわずらったからとて、自分の寿命をわずかでも延ばすことができようか。
6:28また、なぜ、着物のことで思いわずらうのか。野の花がどうして育っているか、考えて見るがよい。働きもせず、紡ぎもしない。
6:29しかし、あなたがたに言うが、栄華をきわめた時のソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。
6:30きょうは生えていて、あすは炉に投げ入れられる野の草でさえ、神はこのように装って下さるのなら、あなたがたに、それ以上よくしてくださらないはずがあろうか。ああ、信仰の薄い者たちよ。
6:31だから、何を食べようか、何を飲もうか、あるいは何を着ようかと言って思いわずらうな。
6:32これらのものはみな、異邦人が切に求めているものである。あなたがたの天の父は、これらのものが、ことごとくあなたがたに必要であることをご存じである。
6:33まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう。 6:34だから、あすのことを思いわずらうな。あすのことは、あす自身が思いわずらうであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である。

                           マタイによる福音書より


未来を心配し思い煩うという行為は、先のことを考える予知する創造的な行為であるようでいて実は、現在の自分に未来のそれを縛り付けてしまう行動である。だから、そういったことに捉われてしまうと、本来人がもっとも美しく、また力を発揮する創造していくということを忘れてしまう。行き詰まって退屈な今が、永遠に続くと決め込んでしまっているからだ。
汚染されて行く大地、暴走する社会は恐ろしくもある。だが、何が起こるか分からない未来がまだ残されているということが、生きているということなのだろう。
私達は多くのものを失った。しかしイエスが伝えようとするところを体現するもっとも近い所にいるのかもしれない。
[PR]
by dynabooksx | 2012-07-07 07:09 | 真也の視点

真也の歩み、愛理の子育て日記。私たちは福島第一原発5kmの双葉町民。時代は動く。私たちはその目撃者になる。画像のペレット&薪ストーブは、真也の施工作品。新天地を暖かく燃やし照らしてくれる。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31