<   2011年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

やっぱり福島の野菜!

 近くに住む両親がテレビで観ていたそう。
ふくしま希望市場

ちょくちょく双葉のうちでとれる野菜を送っていたので、母も「やっぱり福島県の野菜は、味が違うのよね~何でかしら~土が違うのかな?」と。私も10年以上前に東京から福島県に来て驚いたのは、野菜の味が全く違うこと。
こちらの野菜ももちろん美味しいのですが、味が違うのね。安くて、良いんだけど、そろそろ、時々は、福島の野菜が食べたくなってきました。多分美味しいとか美味しくないとかの問題じゃないんだと思うけど。
早速↑のサイトでヨーグルトと野菜とお米のセットを購入。私たち夫婦と両親で分けて美味しくいただこうと思います。
放射能さえなければ、放射性物質さえなければ、といつまでも言いたいけれど、今できる限りの事をして、未来につながっていけると希望がある。
何といっても福島県のすばらしいところは、大自然が美しいまま残っていること。どこもかしこも美しい風景があること。汚染されようとこの土地と自然を大切に引き継いでいくことが、未来につながる。

今日一日与えられているこの命を感謝しつつ。。。
[PR]
by dynabooksx | 2011-06-29 14:12 | 愛理の避難生活





[PR]
by dynabooksx | 2011-06-28 20:22 | 愛理の避難生活

つるれいしカーテン

避難先のマンション外観です。我が家のつるれいしも随分成長して、外から見えるようになりました。今日は、ジュータンを洗って干しているので、少し見にくいかもしれませんが。。
a0023043_938878.jpg

つるれいしが内側に伸びてなるべく日差しを入れないようにと網を内側に入れ込んでいます。
つるれいしのトンネルになるとよいな~
a0023043_938869.jpg

朝顔も負けずにどんどんツルを伸ばしています。
a0023043_938894.jpg

ベランダのプランターには、ツルレイシ、朝顔、チンゲンサイ、モロヘイヤ、ひまわりが元気に育っています。
a0023043_938815.jpg


先日の記事にも載せましたが、
Plant to Plant
発電所(Plant)の電気から、緑の苗(Plant)へ
こちらでもゴーヤの苗を購入できたり、花や野菜を購入して、南相馬市の農家の方々の支援をすることができます。私は、仮設住宅に緑のカーテンを送るという企画に参加しているのですが、ゴーヤが成長していく様子などを画像で送ってくださるそうです。
ご協力いただける方、どうぞ宜しくお願いいたします。

*こんなメールを頂きましたよ。
・・・・・引用開始・・・・・・
南相馬市震災復興に取り組む農業者の会の**と申します。
この度は、ご協力いただき、誠にありがとうございます。
私は今回のプロジェクトを立ち上げた友人のために、南相馬へボランティアに来た人間です。
被災のリアル感に温度差があると思いますが、何も出来ない自分が何か力になれるかと
不安を持ちながら、ここで動いております。
こちらの商品はご承知の通り、商品自体の発送はございません。
『緑のカーテン』設置後にその様子を画像におさめ、お客様へメールにてご報告する特殊な商品です。
私どもは責任を持ちまして順次、お客様のお心を、仮設住宅へ お届けいたします。
必ず、廣田様のお心を届けさせていただきます。
廣田様も避難生活を送る一人とのことですが、まだまだ長い道のりかもしれません。
くれぐれも健康にご留意くださり、被災された皆様が笑って暮らせる日が早く来ることを
心より願っています。
画像の送信まで時間が空くかもしれませんが、ぜひ廣田様のブログに
掲載していただけたらと思います。

南相馬市震災復興に取り組む農業者の会
ご対応担当:**
電話 080-1661-1583、1584
FAX 0244-22-2818
・・・・・・・・引用終了・・・・・・・・

今年の夏はどれだけ暑くなるのでしょう~?浜通りのさわやかな海風と気候に慣れちゃって、こちら東海の太陽に、かなり押され気味の私ですが、何とか乗り切れるように工夫をしていこうと思っています。
[PR]
by dynabooksx | 2011-06-28 09:38 | 愛理の避難生活

スゴイ入道雲

帰り道
a0023043_1559352.jpg

いい感じに海風も吹いてきました。
[PR]
by dynabooksx | 2011-06-25 15:59 | 愛理の子育て日記

決勝戦

長男の学年にスーパープレーを続出するすばらしい選手がいて、決勝戦までのこり、何と優勝!
初めての貴重な経験をさせていただきました。みんなお疲れ様でした!
a0023043_14493024.jpg

でも、東海地区の太陽は、マグマ。。。だから灼熱体育館(>_<)
[PR]
by dynabooksx | 2011-06-25 14:49 | 愛理の子育て日記

フリースロー大会だよ〜

a0023043_12463290.jpg

お弁当食べて、午後の試合の前に、参加者全員でフリースロー大会〜!
[PR]
by dynabooksx | 2011-06-25 12:46 | 愛理の子育て日記

女子チームの応援!

a0023043_12261821.jpg

背番号10 長男くん
[PR]
by dynabooksx | 2011-06-25 12:26

長男くん、バスケの試合

a0023043_110385.jpg

熱気で倒れそうです(*_*)
[PR]
by dynabooksx | 2011-06-25 11:00 | 愛理の子育て日記

 日本全国、世界中から多額の義援金が集められて、本当に人間の心の善意や親切、愛、思いやりがありがたいな~と思います。
でも、まだ何千億円と日赤の方には、置いたままであるらしく、どこに配分してよいのか分からずに保留されているそうです。
 
 昨日、南相馬市の農業集合体に「被災地支援セット」というものをネットで注文しました。
ゴーやカーテンを仮設住宅に住んでいる被災者の方々の窓辺に設置してくれるそうです。
うちも早々にゴーやカーテンはじめましたが、どんどん伸びて、成長がとても楽しみです。
成長も楽しめますし、これが夏の強烈な日差しを少しでもさえぎってくれたら、少しでも被災された方々が快適に仮設住宅で暮らせるとよいな~と思っています。
そして、うちの双葉町は警戒区域で入ることが出来ませんが、周辺の南相馬市の皆さんが元気にまず復旧をされて、少しでも快適な環境に住んでくださったらと願わずには、いられません。

福島県の子供達がプールに入れないということも、本当に悲しくて涙が出てきます。
このクソっ!暑いときに、東京電力原子力発電所から飛んでくる放射性物質の為に、教室の窓も開けられない、校庭の日陰でも休めない、子供にとってこんなに辛くて苦しくて悲しいことがあるでしょうか?
大人も放射能でうんざり、気もへこんでますけど、子供達がのびのびと勉強、運動できない環境って、最悪でしょう?もっとお金があったら、扇風機を教室に何台も設置してあげたいし、民間のスポーツジムのよな屋内プールを貸しきって、自由に泳がせてあげたい!

善意の義援金、もっとジャストに必要なところに使えませんかね?
集まったはいいけど、事務手続きに時間がかかっちゃって、その間に苦しんで、亡くなって、どうしようもなくなっている人が次々と出てきて、もどかしいですね。
私も被災者ですけど、できることは、日本でも世界でも、今困っている、悲しんでいるところにお金が行くような使い方をしたいと想っています。
以前、勝手に避難所で封筒に数万円のお金を入れて配った人がいた。とニュースで見ましたけど、ああいうほうが直接届くんでは、ないでしょうかね?

義援金があっても、被災者になかなか届かない、子供達が苦しんでいても助けてあげられない、なんて大変な世の中なんだろうと思いますけど、今できる、気がつけるお互いを生かすことを探して見つけて行動したいと思います。
[PR]
by dynabooksx | 2011-06-23 09:09 | 愛理の避難生活

また会う日まで。。。

 廣田家の親戚であり、うちの会社の創立者でもあった原町のおんちゃんが天国へ旅立っていきました。
この大震災を乗り切って、その後を見守ってもらえなくなったのがとても寂しい気持ちです。
おんちゃんとは、よく話しをしました。腹を割りすぎて口げんかみたいになったりして。
とにかく、私たちのような孫世代の話を良く聞いてくれました。
おんちゃんにたくさんの良いものをいただいて、学ばせてもらって、鍛えてもらいました。
病院にお見舞いに行くと、「甥っ子たちがきた時ぐらい、いいところ見せて、頑張らないと。」と痛くて動かしにくい体を起こして、辛いリハビリに向かっていました。
大震災で避難をしてしまったので、私たち家族は、おんちゃんに二度と会うことができませんでしたが、亡くなったと聞くと様々な風景が思い出されて、懐かしさと寂しさに包まれています。美味しい魚、豪華なものは、いつもおんちゃんのところからやってきました。
廣田家にあるアルバムに若いおんちゃんの写真があるのですが、どこの俳優さん?というぐらいに彫りの深いナイスガイ。素敵な家族写真を何枚も見せてもらいました。


 おんちゃんとの記事もありますね。
さかのぼって探したのですが、あまりの記事の多さに探しきれません。時間を掛けて、もう少し探します。
あっこんな食事会もしましたね。
つい最近の記事

おんちゃん、どうぞ天国で安らかにお休み下さい。
おんちゃんが、教えて諭して下さった愛を忘れません。
悲しいな、本当にありがとうございました。
天国でまた会うその日まで。。。
[PR]
by dynabooksx | 2011-06-23 00:45 | 愛理の子育て日記

真也の歩み、愛理の子育て日記。私たちは福島第一原発5kmの双葉町民。時代は動く。私たちはその目撃者になる。画像のペレット&薪ストーブは、真也の施工作品。新天地を暖かく燃やし照らしてくれる。