<   2010年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

祖父が亡くなりました。

 最近体調を崩していた祖父(104歳)が本日(25日)午後6時43分に、天国に帰りました。
私たち夫婦と子供達(ひ孫達)、両親皆に見守られながらの別れでした。
明治、大正、昭和、平成と百年を超えて生きた生涯を思いながら、今日は傍らで寝ることとします。


[PR]
by dynabooksx | 2010-05-25 23:47 | 真也の雑記帳

朝、

 今日は雨だ。もう梅雨に入り始めているのだろうか。最近、また早起きの癖がついてきたので自然に目が覚める。近頃目覚めた時、なにか忘れ物をしてきたような不安な気持ちにふとなる事がある。それが気がかりで考え事をしているように上の空になっていることも多い。



 年齢を重ねるにつれ、物事に対する感動や喜びが薄くなってきたように思う。


『ちいさな頃は、大人になると、素敵なものはもっと素敵に動き出すと思っていた~♪』


と誰かが歌っていましたが、確かにその通りだ。自分の好きなこと、趣味、自分らしい生き方を、追い求めて見てもどこか虚しいものを感じてしまう。それをしたところで結局どうなるの? という考えがどこかでしてしまう。単に疲れているだけなのかもしれませんが、そういうことは随分小さな頃から感じていたようにも思います。仕事や趣味に没頭していればその間はそういう気持ちを忘れていることが出来る。でもその思いが決してなくなるわけではない。

 このような虚無感を表現することは、普通の人はしないことなのかもしれない。私は私の心の内しか分かりませんが、多くの人が同じような気持ちを底辺に持っているような気がしてならない。

 なにかはっきりと思い出せないけども、遠くで呼びかける忘れ物。自分の中をいくら探しても見つからない外から来て生きる力を与えてくれるもの。他のことでは味わえない喜びや感動、心を熱くさせるもの。それを今も探している。
 
[PR]
by dynabooksx | 2010-05-24 05:22 | 真也の雑記帳

記録34分05秒 チャンピオンクラス10位、総合25位でした。去年は34分ちょうどだったのでほとんど同じタイムでした。最後の一週間で減量してなんとか無理矢理まとめましたが、上位の方々とはまだ力の差が明白です。心肺機能の充実から地道にやっていこうと思います。スタッフ、ボランティアの皆様の毎回行き届いた配慮により気持ちよく参加することが出来ました。来年もまた来たいと思います。
[PR]
by dynabooksx | 2010-05-23 19:13 | レース、機材、うんちく

運動会

a0023043_10311876.jpg

長男、次男の小学校の運動会。子供の数が少ないので、半分ぐらいが親子競技だったりする。子供からバトンをもらう徒競走で全力で走ってしまった、、。
あとは日陰で待機。
[PR]
by dynabooksx | 2010-05-22 10:31

 再度自転車に乗り始めて今年で3年。冬場の寒い時期から続けて走り込んできた。確かに量、質的にも十分な量をこなしてきたはずだが、なんというかいまいち満足感がないというか、走っていて始めにあった楽しさがいまいち湧いてこないという実感があった。なぜなのだろうと思いつつも、他の人の練習内容をブログで見たりして、もっともっとと精神力で押していった所、余計に疲弊しいつの間にか枯れていってしまっていたようだ。今思うと、自転車以外の事をする気がしない、正確には自転車にエネルギーを集中させてなんとかやっている状態なので他にまで回らない状態だったのだと思う。

 初めは単なる気の持ちようだろうと思ったが、実際はそんな簡単なものではなかったようだ。4月に入ってというもの最大の運動量をこなしているはずなのに体重が増えていった。食べ過ぎているのだろう。当たり前のことなのだが、自分にその自覚がないし、食事をする満足感もなかった。食べても食べてもすぐに腹が減ってくるため、中毒のように食べていたのかもしれない。夕食を食べても寝る前にまた食べたくなり、それでも朝起きたときには腹が鳴る。何か腹に入れないと走れない。ちょっとおかしいなと気がつけば良かったのだが、かなり走っているからだろうぐらいにしか考えなかった。
 他には食後の眠気、朝出かけて車を運転する間に急激に眠気が来て路肩で休むこともあったし、不思議なことに楽しみの食事をする度に疲れて動くのがおっくうになっていた。こういうときは、頭も疲れているので冷静に自己評価することも難しい。こういう事を書けるのも、そこから脱して頭がすっきりしているからでもある。

 この前の日曜日の朝、最近見たことのない体重を目にしてギョッとした。前に比べて体がマッチョになったとも言えるがそれだけではない。体も疲労の蓄積だけではない重く引きずる感じがあった。こりゃあやばいなぁと考え続けながら日曜練を走っていた。

 これに至るには一つの原因があると言える。今年は去年とは違う考え方で練習してみた。最近流行のLTトレーニングである。乳酸を処理できる最大負荷でのトレーニング。この運動域では糖をメインで使うためその摂取が大切だと考えるし、じっさいそれが欲しくなる。
 去年までは、それとはまったく違うやり方をしてきた。いわゆるマフェトン理論である。この考え方や表現が現在主流の運動生理学に対して正しいと思わないが、個人が自己管理しながら持久競技をするばあいの明確な考え方を提供してくれる。特に大切だと思うのが『競技成績と健康』についてで、脂肪を効率よく燃やせる体があれば、両方を両立出来るのだという。最初の2年間は、心拍150程度のベーストレーニングのみで運動能力を向上できた。


 今年は春先にパワータップがうまく心拍を拾わなくなったのと、雪が降って長い峠に行く回数が減ったため、高負荷のインターバル的走りが増えていった。以前は、時折心拍数と出力の関係を見ながら有酸素能力を測っていたがそういうこともしなくなっていた。
 人によって色々なタイプがあると思う。レースと近い負荷をローラー等で毎度(毎日ではないだろうが、、)かけて平気な人、またはそれを練習の基準にできる人がいる。私にはとてもまねできない。それでも、今年は再現できるよう努力してみたけれども、そんなことを繰り返していると心も体もボロボロになってくることが分かった。マフェトン理論の考え方からいうと、レースのような高強度運動は有酸素ベースを壊すのだという。私の体感からもそうだと思う。ローラー&パワーメーターでLT付近の練習を繰り返すとやったぁ~という自己満足はあるが、心身共に枯れてくる感じがある。単に設定値が高すぎるのかもしれないが、私の場合やるなら週1回を限度にすべきだろう。

 この一週間、食生活の改善を含めた減量のため、低負荷トレーニングに集中した。出来すぎかもしれないが、今朝58kgジャストまで落ちていた。体の切れも戻ってきて頭もすっきり、常にあった空腹感もだいぶなくなった。十分にエアロビックベースが出来ると、高強度になっても底付感がなくなる。苦しくなってもまだ踏めるという感覚が続く。こうなってこないと良い成績は望めないだろう。

 今回の件でいい勉強になった。ちょっとした気づきがあればぐっと改善できるのだから、また一から体をつくり直すつもりで取り組んでみようという気になった。他人と比較するのではなく、自分の体の声に耳を傾けながら楽しんでやっていこう。健康で活動的に生活するために。
[PR]
by dynabooksx | 2010-05-21 14:54 | レース、機材、うんちく

 昨今の自転車ブームの中で、電動アシスト付自転車がぐっと売り上げを伸ばしてきていると聞く。こんなのが開発されているようだ。



 スマートで良く出来ている。
[PR]
by dynabooksx | 2010-05-21 13:03 | レース、機材、うんちく

 今朝起きて喉の痛みと体のだるさにこりゃダメだとあと3日は疲労抜きに徹する事にした。AR域で朝夕それぞれ40分ほど。雨の中の仕事が結構きつかったのでそっちの方で疲れて昼は朦朧としていた。おまけに財布が見つからなくて、あちこち探し回った。
結局車の隙間にありましたとさ。
優しい妻と娘が探し回り、見つけてくれましたとさ。
体重は現状維持の59.0kg 今回はここらへんで諦めましょう。
[PR]
by dynabooksx | 2010-05-20 21:04 | 真也の運動日誌

驚きの、、

 朝4時半よりR288山コース、2h 53km。空気がじめじめしていたので山に入ったら、上の方はさわやかだった。現在隣町の大熊町で81歳の男性が山菜採りのため電動自転車で山に入って捜索3日目。今朝も山道をパトカーが走っていた。今朝、乗っていた自転車が発見された模様。電動アシスト自転車とはいえ、標高600mもある所まで上がっていくことははないだろうと思っていたが、本当にそこで見つかったようだ。なにか手がかりはないかと何となくあちこちを眺めながら走った。

 夕方浪江周回3周1.5h 43km。筋肉疲労はなくなったので、230wぐらいまで上げて走る。力が良い感じに湧いてくるようだ。


 夜の計量は驚きの59.2kg。2200kcalも乗ってるのに増えてるじゃん。腹筋やあばらがぐっと浮き上がってきたので、今の筋量を維持しながらではあと1,2㎏が限界なのかな。夕方、丸めた草をトラックに積むのを手伝ったり(水を吸ってかなり重い)重労働をして疲れたから、水分をたくさん取ったり、夕飯も少し食べ過ぎたかも、、、。まぁ朝には落ち着いてるっしょ。
[PR]
by dynabooksx | 2010-05-19 20:19 | 真也の運動日誌

聖書のみ言葉より

a0023043_13541451.jpg



a0023043_13544678.jpg


これから新婚生活をはじめるおともだちにも
パートナーと
家族と
共に生きていく方達に。。。。

 人間一人では生きていけないから、
好きな人も苦手な人も大嫌いな人も見えないところでつながって

自分では気がついていなくても、支え合って生きているんですね。

 人間を創られた神様が、はじめから用意してくださっている
言い尽くせない、知り尽くせない 愛の数々。。。
[PR]
by dynabooksx | 2010-05-19 13:58

減量は続く

 昨日と同じ風呂上がり乾燥重量で58.8kg。計算通りに進んでいる。糖質を抑えることで食欲をコントロールすることに成功。腹一杯詰め込まなくても満足出来るしその後の空腹感や倦怠感もなくなった。

朝は4時半から原町は北浜往復2h、夕方浪江周回2周+高瀬渓谷2hで計107km。強度を落とし(150~160w)ているので疲労は少ない。というより走るにつれ日曜のダメージを回復できる。足が戻ってきたので明日はもう少し飛ばせそうだ。

食事制限をしつつ自転車で2000kcal以上消費しているので、脂肪換算にしても-0.4kgは妥当だろう。体の切れも戻ってきた。この調子で調整を続ける。
[PR]
by dynabooksx | 2010-05-18 20:53 | 真也の運動日誌

真也の歩み、愛理の子育て日記。私たちは福島第一原発5kmの双葉町民。時代は動く。私たちはその目撃者になる。画像のペレット&薪ストーブは、真也の施工作品。新天地を暖かく燃やし照らしてくれる。