<   2009年 11月 ( 62 )   > この月の画像一覧
「ひめちゃん、逆上がりできるよッ!」
 マスクは、インフル予防で義務づけられています。





家で、幼稚園で、畳の上で何十回練習したことでしょう。
努力家のひめにょん(五歳)です。
[PR]
by dynabooksx | 2009-11-30 17:23 | 愛理の子育て日記
いわきチーム練 127km
 朝7時発、気温2℃。あたり一面霜が張っているが慣れてきたのかさほど寒さは感じない。このぐらい寒いと強度が上がらないのでLSDとしては逆に都合がよい。楢葉通過55分、普通。土曜に走っていないので調子は良い。店まであと1㎞ほどのところで合流して山麓線を走った。楢葉セブンで休憩して、素直に帰った。土曜は、チームの飲み会があったので(私は欠席)、いわきからの参加は2人の計3人だった。今回はスタミナ切れなし。来週は楢葉柚子の里マラソン。子供2人と私の10kmエントリー。一度ぐらいは走っておいた方が良いかも、、、。


Entire workout (157 watts):
Duration: 4:56:26 (5:18:00)
Work: 2785 kJ
TSS: 270.9 (intensity factor 0.742)
Norm Power:178
VI: 1.13
Distance: 127.284 km
  Min Max Avg
Power: 0 397 157 watts
Cadence: 30 183 82 rpm
Speed: 6.4 55.8 25.8 kph
[PR]
by dynabooksx | 2009-11-29 20:41 | 真也の運動日誌
救世軍の社会鍋
 これから年末にむかって、あなたの街で、社会鍋が行われます。
歳末助け合い,救世軍の社会鍋。日本で、世界のあちこち各地で助けを必要としている人々への支援となります。あなたのあたたかい心をどうぞ、お鍋に入れてください。
宜しくお願いいたします♪
 
イギリスの国民的人気コメディアン
Mr.Bean 「Salvation Army(救世軍)の社会鍋」



 イギリスの救世軍バンド、コメディータッチにされちゃってますけど。。
実際救世軍は、世界各地で救い主イエス・キリストの福音を伝え、社会福祉に力を入れているとっても真面目な組織です。Mr.Bean自身もたしかクリスチャンで、Salvation Army(救世軍) の良き理解者だと聞いたことがあります。
[PR]
by dynabooksx | 2009-11-29 14:31 | 愛理の子育て日記
To be like Jesus
救世軍オリジナルミュージカル「スピリット(聖霊)」より

♪イエスのように

イエスのようにしてください おもいにも おこないにも
聖霊に導かれて 主の足跡 たどろう


 聖霊の事がよくわからずに歌っていた幼い頃は、「イエスのようにしてください。。?なんて偉そうな歌なんだろう。」と思っていました。
でも今は、よくわかります。聖霊が私に内住して下さっているから。
救い主イエス・キリストのように生きたいと、心から思う。人の群れのなかにいるよりは、静かな寂しいところへ、にぎやかなお騒ぎよりは、一人で静かに隠れたところにいらっしゃる方におもいと祈りが自然と向かう。
人の上に立つよりは、心くだかれて、人の足を洗う、人に仕える者にしていただけるように願う。
 そしてこの道は、神を認めない、偶像礼拝するものたちと、相対する道。真っ向から対立する側に立つことになり、この世の勢力から迫害を受ける道。しかし、迫害するものを愛する事を願う道です。
 
 へりくだる心が与えられ、聖霊が自由に私にのぞんで導かれている、それが幸せです♪
[PR]
by dynabooksx | 2009-11-29 13:51
あなたはどこに属していますか
 このところ仕事が立て込んでおりまして夕方はすぐにライトを点けて走りに行き、帰ってきてシャワーを浴びてご飯を食べるとかなり疲れている。そんで寝ちゃうともう朝の5時前。そんな感じですがなぜか充実しています。やっと土曜日で昼間にゆっくり時間を使っています。いつも朝のミーティング時に使う幸せな朝より心に残っていた箇所です。


あなたはどこに属していますか
人生の意味と目的を発見した者の生き方はどうあるべきですか。あなたは信仰と生き方が一致していますか。


 人は三つの部類に分けられます。一番目は人生の意味をはっきり悟って生きる人です。二番目は人生の意味を全く悟れないまま、動物のように無心に生きる人です。三番目は、人生の意味をすべて悟ったように自分を騙して生きる人です。

 一番目の部類の人を”救われた人”と言います。人生の意味と目的を知り、どんな苦難や艱難にぶつかっても恐れず、喜びの心で生きていく人です。
 二番目の部類の人を”無神論者”と言います。神もなく自己中心的に生きる人です。無神論者の最大の悩みは死に対する不安です。
 三番目の部類の人を”宗教人”と言います。人生の意味と目的を見つけたと錯覚して生きる人です。それでいながらも、何かが間違っていると感じ、不安を覚え、葛藤しながら生きています。

 あなたはどの部類に属していますか。


結局のところ、もうすべて聞かされていることだ。神を畏れよ。神の命令を守れ。これが人間にとって全てである。(伝道の書12:13)



 なんと厳しく、そして鋭い見方であろうか。私はここに四番目として”救いを待ち望んでいる人”と付け加えたい。しかし、世にいる多くの四番目の人々は三番目の人々に惑わされ、いったん救われたかのように見えて、結果は奴隷のままでいる。落ち着いて自分の生活を振り返ってみると、前と中身は全く変わっていない、もしくはむしろ悪くなっているようにさえ見える。しかし、救われたことにしておかないとならないため、その実情を明かすことが出来ない。それで最初よりもさらに苦しみもがくことになる。そういうショックを受けた人が、それ以上自分が傷つかないために二番目になっていくのではないか。だから、広い意味では三番目も二番目に含まれるのだとも言えよう。

 神を信じていると言いながら、心の中でそれを否定している。うわべを繕っていれば、神を出し抜けると錯覚している。これは詰まるところ神を知らないということであろう。だから、その人達の心にはいつも不安があり、物事が明らかにならないように隠れて行動し、葛藤に押しつぶされそうになっている。完全に神を知らなければ、そんな葛藤も起きないだろうが、なまじ知っているために神が示す生き方と、妥協を強いるこの世の生き方の板挟みになり自己分裂を起こす。イエスはその人たちを”不幸だ”と言った。文字通り、それ以上適切な言葉が見つからない。顔は平静に装いながら、心の内にある不安と常に戦わなくてはならないその内情を思うと言葉がない。でも、その人達は自らその道を選んだのだから、その実をを刈り取る以外にはないのだろうが、それを無視しておけないのも私の悪い癖である。


マタイ 23:13 律法学者たちとファリサイ派の人々、あなたたち偽善者は不幸だ。人々の前で天の国を閉ざすからだ。自分が入らないばかりか、入ろうとする人をも入らせない。
[PR]
by dynabooksx | 2009-11-28 11:18 | 聖書の言葉
マラソン大会動画
 最近youtubeの面白さが分かったので、早速アップしてみた。それにしても子供が本気になって走るのを見るのはこちらが励まされる。子供が夢中になって走るように、我々大人もまっすぐに走っていたい。後でこんなはずじゃなかったのにと言うことがない、虚しさに終わることがない何かに打ち込んでいけるような、そんな世の中にしていきたい。


まず、長男から、、。事前に勝利宣言をしていたが、残念ながら2位。まぁ次につながるということでよく頑張った。夜もヘッドライトをつけて弟と2人で何度か走りに出ていた。今日、仕事から帰ると、彼の同級生1位、と4位が遊びに来ていた。3位もよく遊びに来るお仲間。別に私が指導しているわけではないのだが、我が家で走り込むと速くなるのかもしれない、、。


スタートまもなく自爆覚悟で飛び出す彼も我が家の常連。いい演出です。安定した位置で走ります。



校庭から出てしばらく走った後帰ってくる。なんと言ってもゴール間際の親のわめきが面白いでしょう。ゴールスプリント。自転車レースではありません。差せー!!差し返せー!! とかね。



そして次男



ふにゃふにゃと、本気なのかどうかよく分からないが、それが彼の走り、、。



3番ぐらいにはなれるかなとは思っていたが、まずまずよく頑張った。2人とも本当はあまり長距離向きの体ではない。特に長男は筋肉がつきやすくスプリンターなので、球技や一瞬で勝負がつく短距離の方が得意。延々と苦痛に耐え続ける自転車向きなのは次男か、、。

a0023043_2045525.jpg

a0023043_205735.jpg

[PR]
by dynabooksx | 2009-11-27 20:01 | 真也の雑記帳
ついに、やっちまった。
 いつか、こういう日が来るだろうとは思っていたが、ついにやっちまった。タヌキを轢いた。自転車で、、、。2度ほどニアミスはあったのだがついに、、、。

 昨日に続いて今日も仕事が終わってすぐにライトをつけて出かけた。走り出して1時間ぐらい経った大熊町内でのこと。緩い下りを過ぎた後の高速直線、40km/hは出ていた。突然ライトの光の中に飛び込む影。瞬間的に身を固くしてハンドルを跳ね上げる衝撃。なんとか体勢を立て直して落車は免れた。ちょうど軽くもがいていてブラケットを握っていたから良かった。いつものようにハンドルのトップを軽く持っていたらおそらく衝撃を押さえ込めなかっただろう。

 こっちは垂直に当たったのでホイールの破損はなし。たぶん向こうは即死ということはないだろうが、かなりのダメージを負ったことは間違いないだろう。恐ろしいので引き返さなかった。毎日のようにタヌキの死骸を見るが、さすがにああゆう飛び出し方では避けようがないだろう。もし、あれがイノシシだったらこっちがやられていただろう。頼むからそれは勘弁して欲しい。

 たぬきの嫌がる音とか出す小型の機械ないかねぇ。こういうことはまたあるぞきっと、、、。やっぱ冬はローラーかなぁ。
[PR]
by dynabooksx | 2009-11-27 18:59 | 真也の運動日誌
マラソン大会 速報!
長男くん  ゴール前までデットヒートを繰り返し2位

次男くん  最近インフルにかからないようにと、野菜を食べさせすぎたのか4位

 小学校の役員をしているのでマラソン大会の手伝いをしたのですが、終了後
ちょっと二人とも元気がない?感じ?事もないかな?だったので
「よく頑張ったじゃん~!」と声をかけて帰ってきました。
どちらも頑張りましたね。帰ってきたら、たくさん、たくさん褒めてあげます♪
[PR]
by dynabooksx | 2009-11-27 11:23 | 愛理の子育て日記
マラソン大会
a0023043_919054.jpg

a0023043_919044.jpg

小学校のマラソン大会を見るため、素早く仕事を片付けやってきた。あまりにも早かったためまだ始まらない。写真を撮ったり他の父兄と会話をする。

いい天気だ。光希君は勝利宣言をしているため、その模様は最近慣れてきたyoutubeででもアップしよう。こけないで走り切ってくれ。_
[PR]
by dynabooksx | 2009-11-27 09:19
今朝の一筆
 廣田家のお父さん 別名 澄聖 (聖書の聖)さんの今日の献げもの
a0023043_8392864.jpg

 生ける救い主イエス・キリストから、日々いのちの道に導かれている友人と共に、
お義父さんの賜物を喜びつつ、御言葉に親しむ、よい時を過ごしました。
 今日も土塊なる体であっても、神様の栄光をそのままはなつ者として心をくだかれ、与えられた一日を感謝して過ごしたいです。。。。
 幸せな一日でありますように、心から祈りつつ。。。。
[PR]
by dynabooksx | 2009-11-27 08:41
  

真也の歩み、愛理の子育て日記。私たちは福島第一原発5kmの双葉町民。時代は動く。私たちはその目撃者になる。画像のペレット&薪ストーブは、真也の施工作品。新天地を暖かく燃やし照らしてくれる。
by dynabooksx
プロフィールを見る
画像一覧
ブログパーツ
以前の記事
2016年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
画像一覧