bluesに思う。

a0023043_8334527.jpg 昨日はなんだか眠くて、8時に布団に入った。10時ごろ目覚めると子供たちの内2人が私の周りを飛び回っていた。しまった、補助灯を点けて寝てしまった。うちの子供は虫のように少しでも明るいところに群がるらしい。電気を消すといなくなっていったのだが、目が覚めたので起きていってテレビをつけた。BSで日本の実力派ギタリスト達を集めたブルースロックの番組をやっていた。ローリングストーンズやジミ・ヘンドリックス等の懐かしい曲だ。
 ほどなく、切ない気持ちになった。私がギターを始めたのは8年前ほど、レッドツエッペリン、エリッククラプトンなど60,70年代のブルースからロックが生まれる頃の音楽に傾倒した。コード進行が決まっている為、親しい友達との即興セッション等が特に楽しかった。ブルース、発生は重労働に苦しむ黒人からだといわれるが、なんとも重く切ない雰囲気がする。当時大学生で自由と入っても目的を喪失し、また傷つきやすかった私にとって、心情によくマッチするのだった。過去のブログでしばらく引きこもっていたことを書いたのだが、そういった時に仰向けでいつもギターを抱えていた。そうやって引きこもる度に、うまくなっていった。
 妻と出会うまで、ギターが恋人だった。いや、自転車も捨てがたかったが、どちらかといえば曲線の多いギターのほうが女性的と言えよう。分けわかんないわ、、、、、。なんともいえない行き詰った気持ちをギターは代わって表現してくれた。聖書で言う『言葉にならないうめき』といったところか、、。
 そんな時代をふと思い出させてくれた番組だった。その後布団に戻り、昔のように仰向けでしばらくギターを弾いた。隣の部屋で寝ている家族を起こさないようにアンプを繋がないエレキギターでだ。指は多少さび付いていても、お気に入りのフレーズは忘れない。また切なくなった。
[PR]
by dynabooksx | 2005-09-30 08:28 | 真也の雑記帳

今日のデカバス

a0023043_20565674.jpg 今日もいつもどおり5時おきで、自宅から車で3分の溜池に出かけた。もうめっきり秋なので朝夕は寒く、ダウンジャケットを着ての出陣だ。日陰を好むバスは、この池の場合朝は陰になる手前側、夕方は奥に集まることが多いため、朝は岸釣りをすることが多い。しかし、根がかりなどを起こした場合のルアー救出まで考えると、船を常に持っていくのは賢い選択といえよう。
 と前置きが長くなったが、気にルアーを引っ掛けたので、車に戻りカヌーを取り回収をした。あっそういえば、5日ほど前に根がかりしたときは、潜ってとってきたのだよ。結構深いところだったので、こりゃ船からでも無理かなぁと半ばあきらめたのだが、そこでひらめいた。上から取ろうとするから無理なんだ。自分で下に行けばいいんだ、、、、と。雨だったが裸は最強だ。複雑に絡まっていたが、人間の手はすげぇなと感心しながら、回収成功。自慢だが自転車のレースをしていた頃は、ウェイトを付ければ3,4分ほど、深さにしては15メートルは潜れた。潜るのは得意だ。他にも落ちているものがないかと物色したが、底がヘドロの為一度通ったらアウト、欲を出して死ぬと困るのでやめた。しかし上から見てあんなにきれいな池も底に近づくと汚いものだ。一面の茶褐色の世界、そこにきらびやかで元気なルアーが来たら思わず食っちまうだろうなぁと感心した。もどって今日の話、、、

a0023043_20583277.jpg朝は冷え込みが激しいので、鏡のような水面から湯気が立っている。幻想的な風景だ。そのままカヌーでドライブする。水質は最悪だな。完全にターン(turn over 秋特有の現象で上下の水温の変化がなくなると水が入れ替わり一気に水質が落ちること)で沈黙だ。走ってきた航路の泡がいつまでも消えない。今朝は無理かもなと思って、いつものポイントに狂いなくキャストすると2回目、手前3メートルの所で根がかり、、、、かと思ってしゃくるといきなり竿が持っていかれた。でかい、このあたりは久しぶりだ。4、5回突っ込まれながらも足元へゴロン。生きがいいぜおとなしくしてくれよ。こえーよ、靴の裏で押さえ込みながら帰りました。口開け42センチ、その後塩漬け切り身になりました。
[PR]
by dynabooksx | 2005-09-28 20:56

初のリザーバー進出

 昨日は、自宅から車で15分の石熊ダム(鯉釣りをしていた前田川の源流にあるダム、飲むことができるほどの清流)に夕方カヌーをもって出かけました。恐ろしく透視度の高いダムで潜らせたルアーがどこまでも見えます。魚探で探った模様、最深部は12~13メートル。深部には小型のベイトもいるようです。最近日が短くなったので、仕事の後ではせいぜい1時間が関の山なのですが、魚影を求めて走り回りました。
 やはりまだこの熱さ、サマーパターンを引きずってます。上流の流れ込み傍のオーバーハング(木などが覆いかぶさっているところ)でボンッ、ボンッ(バスが水面を捕食する音)と活性は高いようです。もらったといわんばかりにスキッピング(水面を切るようにして奥にルアーを飛ばすこと)で決める。一投目からキター!! 25、6センチか魚体が黒い。濁りのあるところほど模様が薄くなるとは聞いているが、なるほどここじゃ直射日光のようなもんだかんな。その後も同型を2匹収めて終了。ひしもの向こうにひときわ大きい捕食音を立てているやつがいたんだが、もう暗いので今日は許してやろう。(ただとりきれなかっただけなのだが、、、。)
 どこまでも見えるダムってちょっと怖いね。でも透視度が高いおかげでシャロー(浅瀬)でもトップのように捕食の瞬間が見える。これは面白いです。しばらく通い詰めになるでしょう。そういえばバス独特の臭みもなかったような、、、、。
[PR]
by dynabooksx | 2005-09-14 09:29

釣りにはまってます。

a0023043_16322813.jpg
 ここ、3ヶ月ほど釣りにはまり込んでいます。最初は自宅から車で3分程の溜池でフナや鯉を吸い込み(鯉を食料として確実に採るためにできた複数針のついた強力な仕掛け)などを使って釣っていましたが、そのうちに町内を流れる川で嘗て鯉釣り大会が催されたことを知り、そのあまりが育ったものを釣りに行くようになった。そこでは最大80センチを記録する。ブラックバス用の大型フックにパンの耳(超芳醇がよかった、腹減ると食えるし)を付けるだけのものだが、これがヒットで毎日30分以内には捕獲するのだった。大型の衣装ケースに入れて持ち帰って来るのだが、我が家の池にはもう6匹以上、2匹ほど我々の胃袋に納まったが、簡単すぎるので飽きてしまった。引きの強力さは最高でしたが、、、。(4号の糸をぶった切っていく)
 次に、通りかかったおっさんに請戸港でのイワシ釣りに誘われそれに2週間ほどはまるが、これも需要をオーバーする水揚げ。次期も過ぎたこととあまりありがたがられなくなった為にやめた。
 そして現在、生きえさがいらないルアー釣りにはまっている。(冷蔵庫に眠っているはずのミミズは恐ろしくて見ることができない) 生餌のように鮮度や温度を気にしなくてよいためいつでも車に積んでおけ、気楽だ。私が出かけるときは必ず2ピースバスロットが積まれている。かれこれ2ヶ月で100匹以上は釣っただろうか。最高は40前後で糸からまりを直している間知らないうちに釣れていた。大抵は、愛船を積んで出動するのだが、岸や橋から川バスを釣る機会も増えた。そうそう、おととい30オーバーが7,8匹つれたので3匹だけ家に持ち帰った。父親が一度食べてみたいといったためなのだが、一日塩漬けして食べてみた。ところ、、、、うまい!! 川の魚だとは思えない味わいだ。子供たちは奪うようにして食べていた。魚が好きなせいもあるのだが、これはいける。これまでは捨てていたが、新たな楽しみが増えたというものだ。次は味噌付けをしてみよう。ということで、いつまで続くかわからないが、釣り日誌を書いてみることにした。
[PR]
by dynabooksx | 2005-09-13 16:25

a0023043_9373382.jpg






  私達がワールドビジョンを通してサポートしているフィリピン人の男の子(小学2年生)から可愛い嬉しい♪お便りが届きました♪サポートして約3年になります。彼のお誕生日にカードとシール、写真などを送った事へのお礼のお手紙でした。お父さんお母さんそして兄弟が4人います。私達が神様から受けている愛を、恵みを分かち合えることは何より幸せなことです。今年中にもう1人サポートする予定です。
[PR]
by dynabooksx | 2005-09-09 09:37 | 愛理の子育て日記

真也の歩み、愛理の子育て日記。私たちは福島第一原発5kmの双葉町民。時代は動く。私たちはその目撃者になる。画像のペレット&薪ストーブは、真也の施工作品。新天地を暖かく燃やし照らしてくれる。