<   2004年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
「honesty」
honesty 調べると正直, 誠実, 実直; 公正などの意味があります。ビリージョエルの作品にこんな歌詞があります。honesty is such a lonely word everyone is so untrue~♪ これでよかったのかな兄貴?
「 誠実 」  正直者は馬鹿を見るなんて諺がありますが、こんな時代の中でなんだか寂しい響きがする言葉です。今、年金問題で国会が揺れていますがこれまでも国を代表する政治家が”良心に恥じる事はしていない”と潔白を主張するのを見たことがあるでしょう? その度に、この国の誠実とは何だろうと考えさせられます。良心というのは相対的なものです。私を含め、誰しも自分は大切ですからまず自分の汚点は隠そうとします。ふつう人に誠実と思われる事を目指すからです。そんな事を続けているうちに何が自分の本心なのか分からなくなっていくのかもしれません。
聖書には、自分でも気づかない心の奥深くを知っている方がいる事が書かれています。主はうわべではなく心を見ると、、、。人の心は変わるものです。どんなに堅く約束したとしても、時間が経ち状況が変われば変化してゆくものです。そんなものを基準にする限り、”誠実”はむなしい言葉でしょう。仮に人の信頼を失っても、ずっと変わらず全てをご覧になられる方に誠実だと認めてもらいたいと願っています。
[PR]
by dynabooksx | 2004-05-31 11:22 | 真也の視点
ありがとう♪№2
a0023043_22614.jpg今日は暑いけど湿度が低くてひめちゃんも過ごしやすかったようです。
どこへ行っても可愛いと可愛がられています♪
[PR]
by dynabooksx | 2004-05-30 13:34 | 愛理の子育て日記
ありがとう♪
a0023043_22713.jpg女の子はいいですね。自分の着せ替え人形みたいで。実際私は小さい頃あまり人形遊びは好きではなかったのでしませんでしたが。可愛いお洋服ありがとう。
ひめにょん♪より
[PR]
by dynabooksx | 2004-05-30 13:30 | 愛理の子育て日記
迷惑?
 前回の続きで”迷惑”ということについてもう少し書きたいと思いました。誰しも「人に迷惑をかけるな」と聞いた事があるでしょう。でもよく考えてください。迷惑だと判断するのは加害者ですか? 被害者ですか? ”迷惑をかける”というのは主体の方を指すので普通は加害者の事を指すでしょう。でもその行為をどうやって”迷惑”かどうか知るのでしょう。被害者がいやな思いをするからですか? だからやめるべきだと、、、。
 人間関係ってこんなものでしょうか? 今、私は人が好きです。自分の本当のところを表現したいし、人の本当のところを知りたい。でもそれを追求していくと、人を傷つける事もあれば自分が傷つく事にもなりました。そして誰にも会いたくなくなり閉じこもる事にもなりました。そんな中で、私の中に人と仲良くしたいと思ってもそうはできない思い、自分自身の中にどうしても受け入れられないもの、隠しておきたいものがあることに気づきました。それは、どんなにコントロールしようとしてもうまく操る事ができないので、自分に自信があった私にとって大変ショックな事でした。こんな自分ではこのさき生きてはいけない、、、、と。
聖書に出てくる人物も同じような葛藤をおぼえたようです。
 私には、自分のしていることがわかりません。私は自分がしたいと思うことをしているのではなく、自分が憎むことを行なっているからです。 ローマ7:15
でもこの人は自分のその性質の為に命をかけて下さった方がいたのを知っていました。その事をそらさず真正面から受け止めてくださった方がいたことを、、、。それゆえに、この人は「自分の弱さを誇る」 とまで言うほどになりました。
だんだんテーマが”迷惑”では収まらなくなってきてしまいましたが、結局いいたい事は、私は人と本音と本音でぶつかり合いたいのだという事です。人を傷つけたり自分が傷つくのを恐れないで、、、。”迷惑をかけるな”というのはなんだか寒々とした響きがします。だから子供達にはこう言います。
 「たくさん人に迷惑をかけ、かけられるようになりなさい」 と
[PR]
by dynabooksx | 2004-05-29 22:55 | 真也の視点
しずけき祈り
 私の好きな歌に「静けき祈りの時はいと楽し~♪」という詩があります。この”静けき”という意味を考えてみました。
 私には作者のこんな情景が浮かびます。日々、たくさんの雑事、価値観、人間関係に翻弄される姿です。今、世の中はそれまでの常識だったことが次々と変わっていっています。私は現在、3人の子供が居ますが、よく一般に言われている”他人に迷惑をかけない子”だとか”善、悪の判断が出来る子”というのの目指す所が良くわかりません。人の価値観がさまざまなのに、誰が”迷惑をかけない”とか”良いこと、悪いこと”の基準を定めるのでしょうか。それが簡単に統一できるのであれば戦争は起こらないはずでしょう? 聖書の創世記には、私たちの祖先が”善悪を知る実”を食べてそれを得たことになっていますが、それは私たち人類が勝手にそれを判断するようになったという意味ではないだろうかと思います。聖書を基準とするならば、善悪の判断は「神」がすることになります。私たちは神を賛美するように作られており、神に向かい合わない事は罪であると言います。この作者も混沌とする世の中で、神に道を求めたのではないでしょうか。騒がしく移り変わっていく時代の中で変わらないものに聞き求める。それは本当に楽しい時だったのでしょう。そんな時間を大切にしたいものです。
[PR]
by dynabooksx | 2004-05-29 11:31 | 驚き、発見
母と子たち
a0023043_11160.jpg今日はお天気が良くて気持ちがいいです。
これから、天神岬の公園にお弁当持ってお出かけします。
[PR]
by dynabooksx | 2004-05-29 11:17 | 愛理の子育て日記
毎日忙しい!
a0023043_11532.jpg
3人はさすがに忙しいですね。
子供と遊んでいるだけなら楽しいけれど
掃除、洗濯、御飯などなど細かい事がいろいろあって疲れます。
でも、少しずつ余裕がでてきて、また自分なりに生き方を模索しながら
日々すごせる時間もできました。
子供の事で頭も心もいっぱいにしちゃうと、息詰まってだめですね。
常にかみさまに向いて生活してると、知恵が与えられるんですね。
今日も感謝♪
[PR]
by dynabooksx | 2004-05-29 11:06 | 愛理の子育て日記
聖霊
ローマ 8:26 わたしたちはどう祈るべきかを知りませんが、““霊””自らが、言葉に表せないうめきをもって執り成してくださるからです。

これは、聖霊と呼ばれるイエスキリストを証しする”霊”について書いてある聖書の一節です。最近思ったのですが、聖霊の役割は神の言葉(神ご自身)のサポートつまり御言葉の理解を助けることなのではないでしょうか。
 イエスが十字架にかかる前、弟子達はイエスと寝食を共にし、たくさんの言葉を聞いたがその本当の意味は十字架の後も理解する事はできなかった。もっとも近くに居いたのにですよ!!
その彼らがペンテコステを過ぎた後、強烈な変化を遂げる。これはそれまでストックされていた数々の言葉が、パズルが組み合わさるように彼らの中で組みあがって行ったからと考えられる。私が思うに、御言葉のストックが多ければ多いほど聖霊の働きは強くなるのだと思う。何を言いたいのかというと、まず神の意思である御言葉に触れる事が大切で、その時何を意味するかはわからないかも知れないが、神は助け手として聖霊を用意してくださっているのでそれを待てばよいだということです。
 それでも全てを理解する事はできないかもしれない。それはそうだ、われわれは有限なものなのだから、、、。圧倒的に能力に差がある以上それも仕方がないでしょう。でも有限な能力を限界まで使って真実を知りたいと願っています。
[PR]
by dynabooksx | 2004-05-28 23:15 | 驚き、発見
箴言 3:6 すべての道で主を認めよ、そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。
朝、ふと思い出した。聖書の言葉です。主を認めるなら、行く道をまっすぐにするというのだが、逆に考えてみると、、、。認めないなら、まっすぐではないぞという事になる。それはそのはずだ。万物を治めているのは神なのだから。主を認めないという事は、まっすぐな見方、考え方、生き方をしない事になる。当たり前の事だが、なるほどと思った。
 でも実際これを実行するのは難しい。こんな所に神は働くはずがないと思うからだ。でも、この見方は聖書によれば曲がった見方だという事になる。
[PR]
by dynabooksx | 2004-05-28 13:03 | 聖書の言葉
作品
a0023043_223619.jpg最近写真にはまっています。まずはひとつ。端に居るぽんくんがポイントです。
[PR]
by dynabooksx | 2004-05-27 22:37 | 愛理の子育て日記
  

真也の歩み、愛理の子育て日記。私たちは福島第一原発5kmの双葉町民。時代は動く。私たちはその目撃者になる。画像のペレット&薪ストーブは、真也の施工作品。新天地を暖かく燃やし照らしてくれる。
by dynabooksx
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
以前の記事
2016年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
ファン
ブログジャンル
日々の出来事
画像一覧