WORLD TRAVELER

 昨日、久しぶりに私の従兄弟が顔を見せてくれました。私の父の弟と、母の妹が一緒になったその子供ということで、兄弟のように血の濃い従兄弟です。私より3つ年上で素敵な旦那さんと一緒になっているのですが、この2人は旅行が大変好きで、お金を貯めてはさまざまな所へ出かけるようです。詳しくは、ホームページを見るのが一番ですが、これから2年間かけて世界一周の旅に出かけるというのです。その為に、荷物を一時こちらの実家に引き上げ、親類に挨拶をって事で寄ってくれたのです。途中で私が海外にでも行かない限り、これから2年は会わないので、もっと話がしたいと今日の午前中も会いに行きました。(まだ寝てたの起こしてごめん) 旅人っていいねぇ。聖書にも、この世で私達は寄留者だという言葉がありますが、新しい発見、出会いを求めて旅を続ける。それこそ人生ですよ。約束の地へ参照
 今日改めてお二人と話をして特に印象に残ったのは、ホームページでも書かれていますが『私、飽きっぽくて一つの事にいつまでもこだわっていられないの』という事です。彼女はいわゆるキャリアウーマンで、何度も仕事を変えさまざまなことを経験し、よりよいものを求めてステップアップしていきます。旦那さんも、まったく畑違いのような分野に飛び込み、第一線で活躍(営業はどこにいってもトップだったらしい)されている方です。でも至って温厚で、深みのある人物です。従兄弟には私と同い年の妹もいるのですが、そちらの旦那さんもなかなかの人物なので、みんな男を見る目があるなぁと感心している次第です。
 私の興味があらゆる方向に向いて行く気が多い人間ですが、この従兄弟を見ているとなるほど自分だけではないのだと安心したりもします。もちろんこれまでの会社を辞めて、税金対策のため住所はニューヨークに置くそうですが、人生を一変させるような出会いがこれから先、あるのでしょうか? そう考えると私までワクワクしてきます。今どこにいるかはトップページで分かる仕組みになっています。こういう時も便利だねぇインターネットってほんと。横にリンク常時置いておきます。元気で行ってらっしゃい。面白いことあったら教えてね。

☆★WORLD TRAVELER★☆
こーいち&なおの世界一周放浪記

[PR]
by dynabooksx | 2004-09-02 15:42 | 真也の雑記帳

真也の歩み、愛理の子育て日記。私たちは福島第一原発5kmの双葉町民。時代は動く。私たちはその目撃者になる。画像のペレット&薪ストーブは、真也の施工作品。新天地を暖かく燃やし照らしてくれる。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31