愛乃献児式~土浦めぐみ教会で~

a0023043_192685.jpg
 夕方4時ごろ福島に戻ってきました。帰ろうと思ったら、いつも使う郵便口座に残高がなく、時間もあるからまっいいかってことで一般道で帰ってきました。やはり200キロとなるとそれなりにかかりますね。でも、いろいろ寄り道しながら帰ってきました。
 今回は、長女の愛乃を第二礼拝で献児式をしてもらいました。3年前に福島に来る時は、同じぐらいだった知希の式もしてもらいました。人は随分入れ替わっていますが、温かい雰囲気は変わりません。あちらこちらから話しかけられます。(自分が話しかけているのかもしれないけど) 8月後半はあまりにもいろいろ出かけたので、ふと自分がどこにいるのか分からなくなります。いつも泊まる国民宿舎水郷も常連になって、なんか出かけている気がしなくなってきました。そうそう、宿に帰って温泉につかりながら賛美を歌っていると周りにいる他の子供が一緒に歌っています。前回泊まった時は、韓国系の教会の修養会がちょうどそこであり、辺りが韓国語でめぐみ教会の韓国語礼拝をした後で全部韓国語に聞こえてしまう病いになったのかと思いましたが、今回は子供が教会の歌を歌っています。またかと思ってしばらく考えましたが、思い切って聞いてみると私達と同じように教会に来て水郷に泊まった一家でした。それも一つ挟んだ隣の部屋で、、、。しかし、驚いた。三度目は誰に会うんだろう。
[PR]
by dynabooksx | 2004-08-30 19:57 | 真也の雑記帳

真也の歩み、愛理の子育て日記。私たちは福島第一原発5kmの双葉町民。時代は動く。私たちはその目撃者になる。画像のペレット&薪ストーブは、真也の施工作品。新天地を暖かく燃やし照らしてくれる。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31