1907(明治40)年 平壌(ピョンヤン)大リバイバル 

  ハ・ヨンジュ牧師の情熱のリーダーシップシリーズより

Again 1907

↑クリックすると見ることができます。

 ちょっと長いですが。。。
1907年に平壌(ピョンヤン)で起こった大リバイバルの様子
聖霊による満たしを願う御言葉によるメッセージです。
リバイバルに興味があったら見てみて下さい。

宣教には死の代価が伴う
死の代価を払ったときにリバイバルが起こる。。
私達クリスチャンはリバイバルを望むが
代価を払うことをしない。
リバイバルの重要な鍵は、一致すること。
教会が、教団が、教派が連合すること。
競争関係ではなく、協力関係になる。
分裂ではなく、一致するときに悪魔が震え上がる。。
現代の日本では、何故リバイバルが起こらないのかヒントになりそうです。

 ちょうど今日夫婦で昼に
「神様から日々祝福を受け続けている私達は
これからは今までとは違う犠牲をささげていく必要があるのだろうね。」
と海を見ながら語っていました。
聖霊の導きを感じて、嬉しいような、不思議な胸騒ぎです。
[PR]
by dynabooksx | 2009-10-06 20:22

真也の歩み、愛理の子育て日記。私たちは福島第一原発5kmの双葉町民。時代は動く。私たちはその目撃者になる。画像のペレット&薪ストーブは、真也の施工作品。新天地を暖かく燃やし照らしてくれる。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31