防犯カメラ設置

 今回光ファイバー導入と電話機材一式入れ替えに際して、安全対策として防犯カメラを設置することにした。これまでもPCとWEBカメラを用いた簡易的なものは何度か試したことがあった。現在も2つ備え付けてある。しかし、それはあくまでPCを立ち上げていなければならず、突っ込んだ使い方をすることも出来ない。

 工事を申し込んだNTTの代理店はPANASONICのネットワークカメラを扱っているというので話を進めてみると、一台設備するのにこれまた見事なお金がかかるのだという。いろいろ調べてみると、私なら安いルートで品物を集め、中古品を使わなくても3分の1ぐらいで取り付けられる事が分かった。専門業者なら線の引き回し方など幾分うまくやるかもしれないが、電話機やセンサー類との連携がどのくらい出来るのかが気になるだけで何も難しいことはないという感想だ。自分の会社の工事でも原価に対して結構いい金額を請求するが、自分が払うとなるとなんだか惜しくなるもので全部自分でやることにした。

 さてどこにつけようかと思案していたところ、やはりまずは室内よりも車や倉庫がある外だろうということになった。外を効率よく広くカバーするためには、高いところが都合がよい。軒下のあそこか、ここか? でも風雨はどの程度耐えられるかなぁ とか考えていたところ、妻がつけるならあそこっしょ』と宅地内の電信柱のてっぺんを指さした。『あんなとこ無理にきまってるべぇ』と答えたが次の瞬間、頭の中はそこから見える景色になっていた。

 高さは15メートルほど、事務所自体が3メートルほど道路よりも高いため結構な高さがある。以前BSの調子が悪くて、登って調整しようとし、自転車のヘルメットをかぶって意気込んだことがあったが、タッチして戻ってくるのがやっとだった。今回も具材をそろえておいて、高所作業車か、慣れた専門業者につけてもらおうと思っている。何せこのカメラ、業務用で360℃視野で22倍光学ズームが仕込んである。それを、寒暖対策にヒーター、ファンを仕込んだ完全防水のハウジングに収めて取り付ける。動体検知、WEBアクセスはもちろん、夜間は最大0.07lxまで感知するという。いいオモチャだ。以前のようにタヌキにLANケーブルをかじりきられないように、屋外用のタフなやつを使うことにした。問題は、取り付け部の強度と電信柱によって一部欠ける視野をどこにするかだ。だいたいは、頭の中に出来ているが、なんせ手の届かないところなので、実測していったん組み付ける事が出来ない。まぁ、近そうなサイズのやつをホームセンターでいくつか買っておけば良いんだけどね。こういう事をあれこれ考えている時が一番楽しい。まだ品物が届きませんが、うまく動いたら公開してみますね。



 水曜の夜は子供の体操教室。食事を食べて出かけるまでの合間にローラー35分。今日は疲労が随分抜けてきて調子が良いが、このぐらいにしてベストに持って行き明日みっちり走ろう。出来れば288号の登りで20MPを測定したい。
[PR]
by dynabooksx | 2009-02-04 22:44 | 真也の雑記帳

真也の歩み、愛理の子育て日記。私たちは福島第一原発5kmの双葉町民。時代は動く。私たちはその目撃者になる。画像のペレット&薪ストーブは、真也の施工作品。新天地を暖かく燃やし照らしてくれる。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31