テント生活

a0023043_8281578.jpg
 いよいよ10月も終わりになる。寒くなると言いつつ、いまいち秋らしくならない日々が続いている。数日前は夏の夜のような陽気だった。そう言えば、去年もちょうどこの頃だったなと思いだし、一昨日小型のテントを昼間に2階の部屋にに組んで置いた。

a0023043_8284851.jpg 帰ってきた子供達は大喜びで絵本を持ち込み、閉じた空間を楽しんでいた。2人用の山岳テントに子供3人も入って暴れるとものすごい熱になる。私が見に行った時は、30度を超えていただろう。
 昨日の晩は、長男だけがそこで寝ていた。たまには一緒に寝るのもどうだろうと思い。寝てみたが、評判通り甘えん坊で、腕や首に次々に組み付いてくる。振り払っても振り払っても、テントの壁に当たって戻ってくる。おかげさまで、普段一度も途中で起きることのない私が、両手の指ほどは繰り返し起きた記憶がある。朝、本人にどうだったか聞いてみると、『気持ちよかった、今日も寝る』だって、、、、。
 この時期、外気温が10℃ほどなら、テント内は20℃を超えるので、子供などは何も掛けずに寝ていられる。男は、子供を腹に抱えることはできないが、この閉鎖空間の中、不思議な一体感を覚えられる。
[PR]
by dynabooksx | 2007-10-31 08:28 | 真也の雑記帳

真也の歩み、愛理の子育て日記。私たちは福島第一原発5kmの双葉町民。時代は動く。私たちはその目撃者になる。画像のペレット&薪ストーブは、真也の施工作品。新天地を暖かく燃やし照らしてくれる。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31