ちょっと風邪か、、、

 数日前から、微妙に身体の調子が悪かった。そういうときは背中が凝ったり、目の疲れ方が早かったりする。面白いことに社員のNさんの具合が悪くなると、その数日後からバタバタと皆調子が悪くなる。私は彼を早期警戒警報と呼んでいるのだが、単に菌を持ち込んでいるだけかもしれない。

 昨日、隣に座っている社員からふと『自分が生きている意味って何だろう』と言葉があった。大変根源的な疑問で、そういったことが当たり前に飛び出てくるようになって私は嬉しい。私は『生きているからだろう』と答えた。さらに『生かされているからだろう』と付け加えた。人は病や困難に遭うと生きている意味を考えるようになる。普段は当たり前に思っても、具合が悪くなると当たり前が当たり前ではなくなるからだ。私は、大きな病をしたことはないが、4年前車と正面衝突で入院したときつくづく人の命は自分の思い通りではないのだと思った。

 私が神を礼拝する理由は、創り主の中に私の存在理由があるからである。詰まるところ私自身の中には確かと言えるものがない。私にはなくとも、神は私の人生に意味づけをしようとなさる。そこに自分の存在意義を見出しているのだ。そうすると、肩の荷がすっと落ちるのだ。恵みを受けて生きるという本来の姿を回復することができる。土の器に盛られる恵みのすばらしさだ。恵みが私の人生をリードするなら、私は自由でいることができる。私は、自分に捕らわれずにそれが導くように自由に変化することができる。
 明日は、どんなすばらしいことが待っているのだろうか、、。
[PR]
by dynabooksx | 2007-09-16 00:53 | 真也の雑記帳

真也の歩み、愛理の子育て日記。私たちは福島第一原発5kmの双葉町民。時代は動く。私たちはその目撃者になる。画像のペレット&薪ストーブは、真也の施工作品。新天地を暖かく燃やし照らしてくれる。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31