セブンイレブンが売れ残り弁当を飼料に

 朝方、ちょっと嬉しいニュースを見つけました。最近、濃い記事ばかりなのでこういうのも一種の清涼剤となるでしょう。記事、本文載せます。出展はこちらから、、


   セブンイレブンが売れ残り弁当を飼料に
 コンビニ最大手のセブン-イレブン・ジャパンは29日、東京23区内の約1000店舗で売れ残った弁当や総菜などの期限切れ商品を、9月から家畜用飼料として活用を始めると発表した。

 これまでは堆肥(たいひ)に使ってきたが、飼料にまでリサイクルするのは流通業界内でも珍しい。フランチャイズ加盟店全体での取り組みを促す改正食品リサイクル法が年内に施行されるのをにらんで、今後茨城、埼玉、千葉の3県の店舗でも飼料化を進めていく方針だ。

 飼料化を委託するアグリガイアシステム(千葉県八街市)が、1日に250トン処理できる工場を同県佐倉市で9月から本格稼働する。売れ残った商品を冷蔵車で毎日回収。工場ではラインに手作業を多く取り入れ100%の活用を可能にしたという。

 セブン-イレブンの山口俊郎社長は「(売れ残り弁当の)リサイクル後も、(その飼料を使って育てた豚などを)商品として使えないとリサイクルは定着しない」と説明。この飼料で育てた豚や鶏を、店頭で売る弁当の食材などに使うことを検討する。

 セブン-イレブンの1店舗から出る1日当たりの生ごみは約15キログラムで、全加盟店では150~180トンに上る。



 これまで、膨大な量を廃棄していたことを考えれば、大きな一歩である。私も、廃棄物処理業者として嬉しいニュースである。がしかし、本文で書かれているように、この飼料で育てた動物を消費者がどう認識するだろう。コンビニの食品加工工場で働いていた経験がある人は、自らがその食材類を食べることはないと聞く。化学薬品を多用した弁当類を食した動物の影響はどうなるのであろうか?
 それとも、そんなことを考えること自体がナンセンスであろうか。魚介類のほとんども汚染されているという。食物連鎖の頂点に立つ人間は、生物濃縮を避けられない。考えられる最も現実的な対処法は、自給自足による作物中心の生活であろう。やはり、私は他の人々のためにも、そういった世界を確保しておく必要があるのだろう、、、。
[PR]
by dynabooksx | 2007-08-31 08:42 | 真也の雑記帳

真也の歩み、愛理の子育て日記。私たちは福島第一原発5kmの双葉町民。時代は動く。私たちはその目撃者になる。画像のペレット&薪ストーブは、真也の施工作品。新天地を暖かく燃やし照らしてくれる。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31