昇天者記念会

a0023043_20234322.jpg
 8月5日の日曜日は、もう十数年していなかった浪江小隊の昇天者記念会だった。午後4時から行われたのだが、椅子のほとんどが埋まるほど皆さん来て下さいました。
 先の記事でも書きましたが、以前いわき市にあった平小隊の分隊であった浪江が人口2万人ほどの町であるのにも関わらず、平小隊がなくなっても残っていったのは、この確かな道に生涯を捧げた先人達がいたからであった。今回は、その子孫達、親族達を迎えてその思い出話をしながら、楽しい時を迎えることが出来ました。

 先人達が出会った存在、私達人間の造り主であり、私達の背きの罰を身代わりに受けて下さった方。その出会いを一度してしまったら、二度と忘れることが出来なかった。私達を囚われの身から解放して祝福を与えてくれる方を慕い、付いていかずにはいられなかった。世間からどのような評価を受けようとも、決して霞むことのないこの喜び。それを抱いて天に召されていった方々。
 パウロが『私の信仰に見習え、私を見ろ』と言ったように、その方々も私にそう呼びかけているように感じる。そして私自信もこれからを生きる人達のために、私の信仰を持って、私の生涯をかけてその宝を人々に示そう。世の何物にも替えることの出来ないこの宝を、、、。
[PR]
by dynabooksx | 2007-08-05 20:24 | 真也の雑記帳

真也の歩み、愛理の子育て日記。私たちは福島第一原発5kmの双葉町民。時代は動く。私たちはその目撃者になる。画像のペレット&薪ストーブは、真也の施工作品。新天地を暖かく燃やし照らしてくれる。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31