CGNTVが来て


 韓国オンヌリ教会によって運営されている24時間クリスチャン放送CGNTVが我が家に設置されてもうすぐ一ヶ月が経つ。3月末の自転車旅行(旅の記録前半旅の記録後半旅の記録、終着とまとめ参照)がきっかけとなり、再び霊的活性がされ視野が広がってきた結果、これを見つけたのだった。設置はチューナーとアンテナ、設置費用込みで4万円だ。以後の視聴料は一切かからない。この費用を高いと見るか安いと見るかはその人次第だが、その一台のために遠いところから(首都圏からここまで私の所だけのために設置に来てくれた)交通費と人件費をかけていることを考えると、それだけで足が出ているだろう。まず、全世界に福音を伝えるとのもと、全世界に8個(たしか、、)の衛星を打ち上げることを考え、また実行した教会はこれまでなかった。そしてその教会は現在この日本のためにリソースを集中しようとしている。この宣教に対する温度差はどこから生まれるのだろうと思うと、同じクリスチャンとして少し恥ずかしい。
 まぁ、そこはネットワーク伝道を標榜する私としては、実際ほとんど気にしていないのだが、まずは日本の教会にも大きく窓を開け放ってこのめぐみを受け取ってほしいと思う。競い合うのではなく、協力してほしい。オンヌリ教会主任牧師ハ・ヨンジュ師は、日本の教会と連携して台湾に福音を伝え、その3つでもって中国を伝道し、その先にさらなる爆発的な福音の広がりがあるというビジョンを持っているようだ。私達日本の教会も小さいかもしれないが、重要な働きを担ってゆくのだと私は信じる。

 この所ウェブの方でも随分コンテンツが増えてきた。ブロードバンド環境がある人は、衛星放送で見るよりも画質は落ちるがオンデマンドで見た方が都合が良いかもしれない。私の所も回線が細いのだが、ストリーミングをいったん保存してから視聴している。かつては、韓国からの伝道活動に対して否定的だった日本の教会(教職者といった方がよいか、、)もCGNTVが先行したため大きく態度が変わったと聞いている。牧会者のための牧会がこの放送によって可能になるからであろう。CGNTVによって、これまで孤立していたそれぞれの教会が連携を強め、協力関係によってネットワーク伝道を進めていくことを熱望する。まずは、興味のあるものをご覧になって頂きたい。私もちょくちょく紹介したいと思う。
[PR]
by dynabooksx | 2007-06-23 11:31 | 真也の雑記帳

真也の歩み、愛理の子育て日記。私たちは福島第一原発5kmの双葉町民。時代は動く。私たちはその目撃者になる。画像のペレット&薪ストーブは、真也の施工作品。新天地を暖かく燃やし照らしてくれる。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31