迎春

ご無沙汰しています、愛理です。
新年を迎え、最初の3連休の最後の日、いかがお過ごしですか?

昨年2014年は、我が家にとってこの約4年間の原発避難生活のターニングポイントとなる、出会いと出来事がたくさんありました。
日々ツイッター、FBなどで細々書いていたり、親しい家族や友達は、知っていることなのでここでは、詳しく書きませんが。

簡単に報告するなら、4月から新天地で暮らします。家計を支える新しく始めた事業も順調。と言うことです。

2011・3・11より、東京電力による原発事故の為、避難生活が始まりました。
自然の美しいこの地上の天国のような場所を追われ、まずは、子供たちの学校生活など変化を与えたくなかったのと、
放射能汚染被曝対策の為に暮らした愛知県。

愛知県在住の私の両親に、震災後無事を見せたくて、そして更に西へ避難する前、
立ち寄っただけだったのですが、
人々が明るく親切、あったかい人々ばかり、
特に子供たちの学校の先生、お友達、家族が良くて、
結局、愛知県で避難生活することになりました。

子供たち誰もが良いお友達にめぐまれて、
今は、道で会うと「引っ越しちゃうんだってね~」と涙ぐんでくれるほど、仲良しがたくさんできたので、
愛知県を離れるのがとても悲しくなっているのも正直な気持ちです。

新天地は、いわゆる田舎ですが、
学校スーパー生活必需施設が徒歩圏内にある便利な田舎、大自然の美しさを四季を通して肌で感じられる素敵な所、とある城下町です。
浜通りのように雪が降らない(近年は雪降水量が増えているようですが)、夏涼しい、生活の多くを自給自足できる場所。
そして、水道水・土壌検査済みで、まだ汚染されていない安全な場所。。
広い空間の中で伸び伸び生活できる場所です。。。。

この世の地上のような理想の田舎、双葉町を失い、この3年半は、喪失感を味わった時でした。しかし、ジッとしていることもできないので、
南は、沖縄石垣島から、北は、北海道と全国旅行し、何千軒と物件を探しました。
そして、ようやく見つけた理想の田舎です。

夫婦共に、水・空気の汚れた、人の密集した都会は苦手です。
田舎では、元気いっぱいのうちの子供たちも、都会に遊びに連れて行くと
すぐ具合が悪くなるのは、幼い時からです。
原発事故後の放射能汚染された、今の東日本では、特に気をつけるべき事だと思い、
考えながら行動する必要を感じています。

双葉の家でしていたほとんどを新天地でやり直すことができるので、
すでに始めていることもありますが、この先が本当に楽しみです。

借り上げ住宅(仮設住宅)として、この3年半お借りした駐車2台スペースある4SLDKのこの一戸建て、
そして、何でも揃う便利な近所、歩いて5分で着く小学校、
温暖で一年中柑橘類が実る豊かな土地。。。
東海地区特有、人が多くゴミゴミ狭いという場所でもそれなりに暮らせていたので、
離れるのは名残り惜しいですが、やはり
生活に必要なものを自給自足したい私には、少し物足りなかったです。

そんなこんなで移住します。

ブログも(日々たくさんの来場者がいるようなので)
「浜通り」ではなくなるので、名前を変更?の予定ですが、でも書き続けます。
10年以上双葉での生活を綴った、我が家の大切な歴史なので。。
双葉の家の周辺風景は、雑草が伸びていますが、美しい澄んだ空は、変わりませんね。
↑クリックすると見られます。

今年も家族の健康を願いつつ、安全な食品を探しながら
良いことは、どこまでも追い、実行し、
否は否と表明し、断ち切りながら、
多くの人々と関わり、支え支え合い、生きていきたいと思っています。
どうぞ宜しくお願いします。

           愛理




[PR]
by dynabooksx | 2015-01-12 12:01 | 愛理の避難生活

真也の歩み、愛理の子育て日記。私たちは福島第一原発5kmの双葉町民。時代は動く。私たちはその目撃者になる。画像のペレット&薪ストーブは、真也の施工作品。新天地を暖かく燃やし照らしてくれる。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30