キリスト教という宗教の現在と未来

フェイスブック上のグループ「日本の未来を考える座談会」に投稿した文をこちらにも載せておきます。


+++++++++++++

今朝のハングアウトでのやり取りは、この日本の未来を考える座談会において、前書きを終えて、第一幕が開かれようとする場面だったかと思います。
ここで明らかになったのは、先日名古屋で行われた東海コーチングセミナーでもベン・ウォンが繰り返し話していた。現代のキリスト教会が作り上げてきた偽りの神学、聖と俗を分離して考える世界観。教会の中は聖、その外は俗。教会は神が働くところ、世はそうでないところという価値観だと思います。

繰り返し彼の話を聞いてはいるものの、あまりにも牧師も教会員もその場を使い分ける器用な信者になってしまい。教会内ではそれらしい清い態度、そうでないところはその雰囲気を消し去るという二重性の中を生きています。
僕は不器用なのでとてもそういうことは出来ないのですが、それが世の中では大人だとか優れた人だとかという扱いを受けるようです。(聖書はそう言っているようには見えないのですが、、、)

何はともあれ、キリスト教が日曜日の宗教、キリスト教会の建物の中の宗教になってしまい、去勢されてしまったことで現在のような無残な姿になっているのだと思います。中国の公認教会と地下教会の対比を聞いてみても、敵も敵ながら見事だと言うほかありません。

未だ旧約の時代のように特定の場所や宗教設備の中に神が宿るという概念、世界観を生きている方々は、熱心であればあるほど、かつてのパウロのようにユダヤ教の律法の中で呻吟していることと思います。そんなくせに新約聖書では「喜び」とか言われるものだから、心と体というか顔があべこべになって、精神分裂、統合失調症のような状態に追い込まれるのではないでしょうか?

「福音」とは、本当にそのようなものなのか考えてみましょうよ。そんな自分が受け取って心から喜べるものでなかったら、そんなものを他人に勧めるのなら詐欺ですよね。世の中なんてみんなそんなもんだって開き直るかもしれないですけれども、、、。聖書が実際に何だと言っているのか、自分がこれまで受け取ってきたように思えることはいったん横に除けておいて、一度真っ直ぐに見てみましょうよ。その上でこれまで捉えて来たものと照らし合わせてみたらいい。

ここからギアを一段入れ替えて、パウロの戦いの現場、私の戦いの現場にお連れします。私はこれまで、あなたはクリスチャンではないとか、救世軍ではないとか言われたり、キリスト教の会堂から追い出されたりして来ましたが、パウロの現場がどのようなものであったかを聖書をもって知るでしょう。そしていったい何が「福音」なのか、神の秘められたる計画、真意はどこにあるのか、そしていったい誰が「クリスチャン」であるのかを知ることとなるでしょう。

ってうまくいくといいな。私たち一人ひとりが、父なる神の心に、キリストの思いに付き添うようになるようにと祈ります。


a0023043_23155543.jpg
現在の神学による聖と俗の分離

a0023043_2316265.jpg
本来の姿(聖書の世界観)

[PR]
by dynabooksx | 2012-10-19 23:18 | 日本の未来を考える座談会

真也の歩み、愛理の子育て日記。私たちは福島第一原発5kmの双葉町民。時代は動く。私たちはその目撃者になる。画像のペレット&薪ストーブは、真也の施工作品。新天地を暖かく燃やし照らしてくれる。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31