トレーニング開始

 先日のマラソン大会で自分の体ながらこんなにも思うように動いてくれないものなのかと、愕然としたので、これを機会に体を作っている。朝は冷え込むときには5度近くまで下がるので、風により体感温度が下がる自転車はつらい。冬場の朝はやはりランニングであろう。持久運動はよく30分以上続けると効果があがるといわれている。これは、人間の体がエネルギーを作るのに2系統の方法があって、一つは糖質(炭水化物)を使うやり方、もう一つは脂質を燃焼させるやり方だ。マラソンや自転車ロードレースのような競技にあって、90数パーセントのエネルギーは脂肪を使うことによって得ている。よって持久力を高めるとは脂肪を効率的に燃焼させることと同義なのだ。しかし、化学反応式からも手軽に反応を起こせるのは糖質のほうで、脂肪が燃え始めるのには時間がかかる。これが本格的に始まるのは運動開始後20分ぐらいからと言われ、そこから10分を追加した結果30分はやりましょうということになるのだ。(これは一つの考え方で、ほんの短時間の運動でも持久力強化に効果が出るという発表もある) 脳内麻薬の関係もあるのだろうが、経験上運動を始めて大体15分~20分ぐらいが精神的にも肉体的にも一番苦しくなる。なんでこんなことやってるんだろうなぁという気持ちになるのだ。不思議なことにそのまましばらく続けているとそれがだんだん快感になってくる。こうなるとスタミナが切れるまでいつまでも続けていたくなるのだ。これはきっと先に述べた脂肪の燃焼状態に大きく影響を受けているのだと思う。

 つらい15分の壁を破るために、今回は秘密兵器がある。MoVo2 FM今流行の小型HDDプレイヤーだ。1インチ5GBハードディスクの中にCD100枚分ぐらいの音楽が入る。おまけに連続15時間ぐらい持つらしい。最近は、さまざまな教会で集会メッセージの音声をネットで提供しているのでそれを聞くことも出来る。でもそれは朝のジョギングには向かないことがその後試して見て分かった。どうもリズムに乗れないのだ。話に集中するといつの間にか足まで止まってしまうようだ。やはり、朝のランニングは元気なリズムのある曲だろう。台風を抜けばこの一週間は晴れ続きだったので、ほぼ毎日走った。日曜日は自転車で3時間近く走った。500メートル級の低山が続く阿武隈高地に出かけるのだが、温度変化の大きい山の上は随分色づいていた。音楽を聴いていると誰もいない山の奥でも、寂しくない。曲が変わると気持ちも変化する。孤独な持久スポーツにはいい道具だと思った。
 ストレスは過剰になると病的な効果をもたらすが、人生にとって必要なものだ。精神的にも肉体的にも、圧力、ストレスがあることによってメリハリが出て、成長する。半年ぐらいの間に私の体は随分なまってしまったらしい。今そこに適度なストレスを与えている。休息を繰り返す度に能力をさらに回復させてゆくのが嬉しい。あくまで、適度にやろう。
[PR]
by dynabooksx | 2004-10-25 15:43 | 真也の雑記帳

真也の歩み、愛理の子育て日記。私たちは福島第一原発5kmの双葉町民。時代は動く。私たちはその目撃者になる。画像のペレット&薪ストーブは、真也の施工作品。新天地を暖かく燃やし照らしてくれる。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31