ファンライド11月号

a0023043_1747387.jpg

 今日(20日)発売の自転車雑誌達。ファンライドのスカイバレー特集にいわきの新生チームサタアリの写真が載っていました。いい顔で写ってます。上はエンドレスですね。


a0023043_17484585.jpg

 ポジション、セッティングについての特集もありましたが、クリートの位置による違いは大きいと思います。これも昔から諸説あって、前がいい後ろがいいと両方の主張がありますが、私の感覚だと昔に比べて後ろが有力になってきているような気がします。おそらくこれは、イーブンで高出力を出し続けるヒルクライムがブームになってきた為ではないかと思っています。加減速が多いロードレース等では、瞬間の踏み込みを重視するため前にするという考えもあるでしょう。
 でも、登りを主戦場にするなら後ろで決まりだと思います。持久力のある筋肉を使うにはこれがベストだからです。これで、高い回転を保つことが出来れば、出力はぐっと底上げされるのですが、そのためには紙面にあるように神経系を発達させそういう動きを体に覚え込ませる必要があるでしょう。足首の遊びを使えなくなるので、サドルのセッティングもシビアになります。
 私はもともと深いところにクリート穴のあるスペシャのシューズで、ほとんど一番後ろのセッティングなので、かなり足の真ん中で踏んでいると言えます。踏んでいると意識しないでパワーが出る乗り方を探していったらこうなっていきました。股関節の可動範囲が広がって、回転が上げにくくなるのを165mmのクランクで抑えてバランスを取っています。
 シマノの土井ちゃんは、向こうの強いクライマーはみんな後ろで、あるトップ選手なんかは特注で土踏まずあたりにクリートがついたやつを使っているとか以前話していました。まっ、参考までに。


追加で、、。
a0023043_18355059.jpg

中古で使っていたアリオネの皮の一部が剥がれてきたので、オクでカーボンモデルを手に入れた。こんな馬鹿でかいサドルなのに重さは実測180g以下。裏側はレール、留め具まで全部カーボン。最初軟らかすぎるとも思ったが、真っ平らで前後移動の幅があるから、なんだかんだ言って気に入って使っている。
[PR]
by dynabooksx | 2010-10-20 18:11 | 真也の雑記帳

真也の歩み、愛理の子育て日記。私たちは福島第一原発5kmの双葉町民。時代は動く。私たちはその目撃者になる。画像のペレット&薪ストーブは、真也の施工作品。新天地を暖かく燃やし照らしてくれる。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31